12月12日に開かれた人権集会で、

1999年に高校2年生だった息子

同級生らの集団暴行で亡くした


岡山県の市原千代子さんに、

講演をしていただきました。

『どんなにつらいことや悲しいことがあっても、

生きて、生きて、生き抜いてほしい』との

熱いメッセージが、生徒たちに十分に伝わって

いました。