2009年も今日で終わりですね

2009年も今日で終わりですね はコメントを受け付けていません。

2009年も今日でおわりです。今年一年、いろいろなところで、多くの方々にたいへんお世話になり感謝しています。
良いお年をお迎えください。

2009年 ほんとうにお世話になりました。

2009年 ほんとうにお世話になりました。 はコメントを受け付けていません。

2009年 創立80周年の年は、大変厳しい年でしたが、大きな飛躍の足がかりがつかめた年でもありました。

入学式のメッセージに始まり、12月5日の記念行事における生徒代表の発表。

こうして生徒のがんばりの姿を生徒の言葉で発信できたことは大きな自信となりました。

ともすればできないことに目がいき、生徒のがんばりを後ろにやってきたのではないか。

しかし、生徒の力を信じ、生徒に委ねる時、生徒は素晴らしい力を発揮してくれる。そのことへの確信がもてた今年でした。

教育活動では、3Cプランが進行中です。

コミュニケーション授業は3年目、気づきの体験学習と実習で生徒たちは確実に成長しています。

1年生の聖母幼稚園との交流。クリスマスプレゼントを渡しにでかけました。2年生の選択では西乳児保育所と3年生は安寿園のお年寄りとの交流。いろんな気づきが生まれています。

協働学習も1年生の間で好評です。教師の一方的な知識の注入ではなく、生徒の学びを重視する授業へ私たちの模索は続いています。

キャリア教育の成果が、この不況下で、就職希望者の93%が内定、大学・短大・専門学校とそれぞれの希望の進路を切り開いています。進学コースも3年連続国公立大学に合格、関西学院大、立命館大学から合格通知が届き、今、センター試験に向かって最後の追い込みです。

ステラソルの皆さんによる学習支援や図書館支援、環境整備など開かれた学校づくりも始まりました。

そして何よりも、同窓会の皆様の強力なバックアップで80周年記念行事をなしとげることができました。

来年は、時代の閉塞感を打ち破る年、同時に日星の閉塞感をもまた突破する年にしたいと決意しております。

ほんとうに多くの皆様のご支援に感謝します。

丹後中央病院が日星高校を支援!

丹後中央病院が日星高校を支援! はコメントを受け付けていません。

12月のある日、峰山にある丹後中央病院の西島院長さんから看護科に電話がありました。

「日星の看護科が、入学生の確保に苦労しているという話を舞鶴市民病院の方から聞いた。

私たちにできることをしましょう。」と言っていただきました。

早速、山内看護科長といっしょに、峰山へ院長さんに会いにでかけました。

「このままだと地域医療はだめになる。いい医療を通じて、地域社会を元気にしたい。」

「憲法にある『教育の機会均等』の原則に立ち、お金のあるなしにかかわらず教育を受ける権利があります。」

通常、病院が奨学金を出して看護師の確保を果たすバーターの関係は多くの病院にあるのですが

「うちは、必ずしも拘束しない。この地域から多くの医療人が出ることが将来的にこの地域をよくする。

だから、給付の形の奨学金を出しましょう。」と言ってくださいました。そしてちらしを新聞にいれましょうと。

私も、日星高校の発展を通して、この地域の活性化に寄与したいとの思いがあり

熱く語られる院長先生の姿に共感。スイッチが入りました!

勢いのある病院は人を集め、赤字が黒字になる。 

日星もまたこうした行きたい学校、勤めたい学校にとの思いを強くしました。

18日に丹後地方に、26日には舞鶴地方の新聞の折り込みちらしが入りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「看護師大募集!!」に続いて「丹後中央病院は、看護師を目指す学生を応援します!」とのタイトル

日星高校(舞鶴市)の看護科は中学卒業から入学できる5年生の高校です。正看護師への最短コースです。

当院は、日星高校をはじめ看護学校へ進学する学生を応援し、『奨学金』を支給します。

日星高校入学については・・・日星高校(担当山内先生)と電話番号0773-75-0452

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書いてくださっていました。

舞鶴市への支援のお願いが丹後に飛び火したもので、早速、舞鶴市にもでかけて支援をお願いしてきました。

19日 学校相談会を実施

19日 学校相談会を実施 はコメントを受け付けていません。

昨夜からの雪で、校内も10センチくらいの積雪。出にくいなと心配しましたが

陸上部のメンバーが、雪かきをしてくれ、午後からは、晴れ間も出てお客様をお迎えできました。

約30名の中学生とその保護者の方との相談ができました。

熱心に質問する中学生の姿には、「日星高校に来たい」という思いが伝わってきました。

冬休みも含め残り少ない日々をしっかりと学習して入学試験に臨んでほしいと思います。

18日 2学期終業式

18日 2学期終業式 はコメントを受け付けていません。

校長講話

この学期、頑張った人は自分をほめてください。

なかなかうまくいかなかった人はなぜなのかそれを考えることから始めてください。

 まず、12月5日の創立80周年記念行事ほんとうによかったなと思います。

みなさんの感想も見せてもらいました。

・今までたくさんの先生や先輩のおかげで今の日星があるんだということ、その節目に在籍できてうれしい。

・私たちの今日が、多くの人の支えの中にある事、関わってくださっている方がこんなにいらっしゃるのかと気づかされた。

・日星が80周年をむかえたことはすごい。 その伝統に立ち「日星高校に通っていることに誇りをもちたい」と書いている人もあります。

 そうしたことに気づき、感謝の気持ちをもってもらったこと、また自信をもてたことが一番の収穫だったと思います。
  
私も、多くの方にお出会いし口々に、「生徒たちのがんばりが見えました。いい記念行事でした」といってくださいました。また私の友人も大阪から3名、式典からきてくれていましたが、
「先生最高の式典でしたね。中村さんの話はもちろん、生徒代表の発表はすごくよかったです。先輩方もとても喜んでくれました。帰りの車の中でええ学校やなー」を連発していました。

同窓会や育友会の方,また日星を応援してくださるステラソルの皆さんも市内のいろんなところにちらしをおいていただきましたし、舞鶴市内の中学生全員にこのちらしを配りました。

そのおかげで一般市民の方もたくさん参加していただきました。
 
その感想ですが

「志の高さを感じ、先生、生徒の皆さんが同じ方向を向き、取り組みも共感です。」

「初めて聞かせていただきました。生徒さんのしっかりした考え方、人としての心、学校の教育の高さを感じました。」

「生徒の皆さんの合唱は、心が洗われるもので、感動しました。」
「公立にはない独自の取り組みがとても良かった。心の教育やいろんな体験を通して成長していけることはすばらしい。」

そうした声が、日星高校のブランド力を高め、みなさんの進路を切り開きます。

「せっかくの中村文昭さんの講演なのに、寝ている生徒がいました。高校時代にこんな話しを聞けるチャンスはめったにないのに、もったいないです」という声もありました。

 もちろん三年生が「僕のまわりにも寝ている人がいましたが、僕は聞いているうちにどんどん引き込まれました。一回きりの人生を精一生きようと思いました」とちゃんと受け止めている人が大多数であることは間違いありません。

 昨日おそくまでかかって学校だよりを齋藤教頭先生が作ってくれました。
中村さんの講演の感想がたくさんのっていますので是非よんで共感をしてほしいと思います。
 中村さんのコミックも売っています。

  式典を成功させるために多くの生徒のみなさんが活躍してくれました。
 看護科のみなさんはどうしたら歌をしっかり歌えるだろうとクラスで話し合い、五年生の総務さんを中心として自分たちの手で創り上げてくれましたし,新旧の生徒会の諸君も看護科の人といっしょに受付やお客様のご案内をしてくれました。
 野球部のメンバーは、舞台の演題の片付けや歌うための台の出し入れなど裏方でチームワークを発揮してくれました。そうした姿が、いい日星高校を作っていきます。

  さて、今日は終業式、2学期のまとめもしておかねばなりません。

   3年生では、キャリア教育のまとめをしました。
 その中からいくつか紹介しましょう。

・二年の頃、ぼーっとしていたけれど、三年になりキャリアの授業でしっかりとした目標をもつことができました。今から思うとぼーっとしていた時間がもったいないです。

・一年のころは、学校がつまんなんくて、やめたいと思っていた。けれど我慢してよかったと思う。やめていたら今日の自分はない。

・一年の時は学校に行く意味が分からなくて、学校をやめたくていつやめようかと思っていた。
結局続けていたけれど二年の時には進路のことなんか全然考えずにいて、三年になってようやく進路のことを考えるようになった。
 就職するところが決まって一年の時にやめなくて正解やった。人生をあきらめたらダメだと分かった。

・人生は一回きりあきらめたらあかん。今を一生懸命に生きることをしないといけない。

・努力しないで願いがかなうなどそんなに世の中甘くないです。夢のために辛いことも乗り越えてきました。

・キャリアの1回目の授業の時なんて、就職できるとおもわんかった。本当にびっくりすることだらけやけど、がんばったら就職が決まったし、努力したら何でもできるんやと思った。

・ここまでの自分になるのにたくさんの人,親や先生に支えてもらってはげましてもらっている。
仕事やめずに立派な大人になって恩返ししたい。
こんな風に自分を考えられるみんなは素敵です。

自分の在り方や将来をを社会とつなげて考えることこれがキャリア教育です。

再度、中村さんの言葉から
頼まれ事は試され毎、返事は0.2秒
できない理由を言わない。
そして今できることをやるです。

この4つ、忘れていた人は、冬休みから実践してみてください
あきらめなければ夢は叶うです。

17日 本田神父を招き、クリスマス講話とミサ

17日 本田神父を招き、クリスマス講話とミサ はコメントを受け付けていません。

本田神父は、大阪釜ヶ崎で、20年間、日雇い労働者たちの支援に携わってこられました。
「神は一番貧しく小さくされた者と共にはたらく」がイエスの原点だと強調されています。
 本校の建学精神である「小さき者とあれ」もここにあります。
 17日、本田神父さんをお招きし、クリスマス講話とミサを捧げていただきました。
 クリスマスとはイエスの誕生を祝う日。「イエスは、宿を断られ『馬小屋』で誕生された。お祝いに来たのは野宿者の『羊飼い』そして異端者だった『東方の博士』。痛みを知る者たちだけが自分たちの救い主と分かった。」とここに込められたメッセージを語っていただきました。
 そして「痛み、苦しみ、憎しみやつらさの中にある人にと共にあること」「仲間のしんどさを分かり共感できる人に」「相手の立場に立つなんてできない、できることは理解すること(Understand)すなわち下に立つことだ」とのお話に生徒たちはしっかりと聞き入っていました。
 ミサでは、看護科の五年生を中心に多くの生徒が、祝福をうけることができました。

クリスマス週間が始まりました。

クリスマス週間が始まりました。 はコメントを受け付けていません。

12月15日に日星高校のクリスマス週間がはじまりました。

はじめに校長先生から講話を聞きました。

「クリスマスという機会を通してこれまでの自分を振り返り、自分を高めて欲しいと思います。」

聖歌練習をした後、

映画を楽しみました。タイトルは『サンタクローズ』。あなたは、サンタクロースを信じていますか?

一人ひとりの心の中にサンタクロースが住んでいればいいですね。

映画の上映に関しては、京都市内より、しかも朝早くからお越しいただきました。ありがとうございました。

Older Entries