12月5日の日星高等学校創立80周年記念行事に関して、市民の皆様から感想をたくさんいただきました。ありがとうございました。その一部を紹介させていただきます。

「今の日星」(生徒のスピーチ、看護科合唱)を見て

「志の高さを感じ、先生、生徒の皆さんが同じ方向を向き、取り組みも共感です。」

「初めて聞かせていただきました。生徒さんのしっかりした考え方、人としての心、学校の教育の高さを感じました。」

「先生方のお話も聞かせて欲しかった。生徒さんの発表はすごく堂々とされていて感動しました。」

「生徒の皆さんの合唱が心洗われるもので、感動しました。」

「年代別の思い出等が言葉で伝えられても効果があると思います。」

「公立にはない独自の取り組みがとても良かった。心の教育やいろんな体験を通して成長していけることはすばらしい。3名の生徒の発表はそれぞれすばらしく思った。自分の高校時代に比べると皆さんしっかりと発表され感動しました。」

 

中村文昭氏 講演「あきらめなければ夢は、かなう」を聴いて

「出会いを大切に、目標を持ってあきらめずに進んで行きたいと思います」

「『人生は~のため』の大切さ、痛感しました。『できない理由を言わない』 まず自分からそう思いました。『頼まれ事は試され事』今まで深く考えていませんでした。今日からより深い人生を歩んでいきます。」

「どんな人でも可能性があることを改めて感じました。中村氏の学生さんへの想いが伝わってきてすごく共感できました。」

「感動しました。明日への活力になりました。」

「1年半ぶりに聞けてよかったです。負けないように今から歩いていきたいです。」

「以前にDVDで見せて頂いたのですが、私もスイッチが入る思いでした。『夢がなくても人を喜ばせる事をしろ』というのにとても共感し、これから頑張ってやっていこう、家族にも知らせようと思いました。」

「毎日できない理由を言っている自分がまず変わらなければ、子どもは変わらないと思いました。自分の気持ちに素直に生きていきたいです。」

「すごくよい講演を聞かせていただいてとても勉強になり、勇気を頂きました。」

「以前から中村さんのうわさを聞いて講演を聞いてもらいたいと思っていました。日星さんには無料でこんなすばらしい方を呼んでいただき大変感謝いたします。中村さんの話にはすばらしく、これから実践していきたいと思いました。」

「つまらない仕事も一生懸命すること、そして人を喜ばせることが非常に大切だということを再認識しました。ありがとうございました。」

「大変すばらしいお話でした。今の時代において一見アナクロニズムにも受けとられかねない『返事は0.2秒』『できない理由を言うな』等がいかに大きな心があり、本質的に大事なことなのかを強く実感しました。ありがとうございました。」