カナダ バンクーバーより 短期留学生 来校

カナダ バンクーバーより 短期留学生 来校 はコメントを受け付けていません。

 

全校生徒に紹介をしました。     美術の授業に参加!がんばって、折り紙を教えています。

2月18日 夜に、カナダの姉妹校(カーニー高校)より、13名の生徒が来校しました。彼らは、それぞれ本校生徒宅にホームステイをしながら、約10日間を過ごします。舞鶴や京都市内の観光にも出かけますが、基本的には本校で、本校生徒と共に授業に参加して過ごします。本校生徒との交流を通して、カナダ生に普通の日本の生活を知ってもらうこと、そして本校生に、真の国際交流を体験してもらうことを目的にしています。27日に帰国します。

看護科4年生「PUSH PROJECT」講習会に参加する!

看護科4年生「PUSH PROJECT」講習会に参加する! はコメントを受け付けていません。

 2月17日、看護科4年生は舞鶴共済病院における
「PUSH PROJECT」講習会に参加しました。

講義と演習を終えた学生たちは、「急変した人を見た時に、

手をさしのべる勇気をもらいました。」「命はつないでいかないといけない、

と強く感じました。」等、それぞれの感想を熱く語っていました。

 

書き損じはがき166枚をユネスコに

書き損じはがき166枚をユネスコに はコメントを受け付けていません。

福祉委員会では、「書き損じハガキで国際協力を」をキヤッチフレーズに、今年も世界寺子屋運動に取り組みました。

 

福祉委員長の藤原由実さんが、「世界の学校に行けない人たちに役立ててください。」と集まった166枚のハガキを、舞鶴ユネスコ協会の和佐谷寛様に手渡しました。

 

マザーテレサの言葉

 「わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。

 でも その一滴の水が集まって大海となるのです。」

 一枚のハガキが集まって、温かい心のつながりになれば…と祈ります。

 

日星高校_2009年度_進学コース紹介CM(BGM付き)

日星高校_2009年度_進学コース紹介CM(BGM付き) はコメントを受け付けていません。

今年度も3年生の情報Cの授業で日星高校の紹介CMというテーマで動画を作成しました。

全ての作業を生徒だけで行っており、 
脚本・絵コンテ・撮影に1週間、
編集作業に6時間

という急ピッチのスケジュールで、
しかも、センター入試直前の12月という一番忙しい時期でした。

時間の関係上、台詞を編集で入れることができませんでしたが
進学コースの楽しい雰囲気が伝わるものになっているかと思います。

どうぞご覧下さい。

(環境 OS:Windows2000 soft:VideoMagic – Basic6.0)

点訳絵本寄贈が新聞に掲載されました。

点訳絵本寄贈が新聞に掲載されました。 はコメントを受け付けていません。

点字クラブの3年生が同市南田辺の府立盲学校舞鶴分校に、点訳した絵本12冊を寄贈しました。

絵本を受け取った同分校石川孝子副校長は「障害への理解を深めながら作ってもらった絵本を大切にしたい」と目を細めた。

看護科5年生の看護師国家試験激励会を実施しました(看護科)

看護科5年生の看護師国家試験激励会を実施しました(看護科) はコメントを受け付けていません。

2月13日(土),看護科では国家試験に向けて,5年生の激励会を実施しました。5年間の学校生活の思い出のビデオが流され,ピアサポートグループの後輩たちから「いよかんとキットカットチョコ」を受け取った5年生は「とても嬉しい。全員合格を目指し精一杯頑張ります。」と決意を新たにしていました。

TVカンブリア宮殿「品川女子学院漆校長」

TVカンブリア宮殿「品川女子学院漆校長」 はコメントを受け付けていません。

日星も学校改革を迫られています。

なぜなら少子化と公立高校無償化の流れの中で生徒をまっているだけでは来ない時代になってきました。

選ばれる学校にならないと私学の将来はありません。それは生徒の満足度をあげることから。

去年の理事会で青木氏がTVカンブリア宮殿「品川女子学院」の話をされました。

一時、5人の入学生で廃校寸前になった品川女子を7年間で生徒数60倍、偏差値20%アップした漆校長のお話。

自分たちのかばんを変えるためにも、生徒の生活向上委員会で話しあい、業者との交渉もする当事者性を大切にする姿勢。そうして大人として成長させる。品川女子の28才プロジェクトの実際・・・
そんな番組の録画を見る機会がようやくできました。

品川女子の話を聞いてから再放送のお知らせを探したり、品川女子の漆校長にメールしてお返事の手紙をいただいたり実際に訪問して教頭さんのお話を聞いたりしました。

けれどこの番組を見たいとの思いは変わらずにいたらちゃんと「願えば叶う」です。

※生徒にとってどうなのかを考えて変えていく
品川女子学院の漆校長は、創業者の家系なのでできることもたくさんあろうかと
思います。

漆校長は、生徒の「心のスイッチ」が入る時として
1 「自分の目標」自分のやりたいこと目標が見つかったとき
2 「成功体験」できないことができて、周りの人に褒められること
3 「誰かのため」みんなのためになると思えたとき
の3つをあげています。
 環境を変えることでスイッチが入る。やりたくなるようなきっかけや環境をつくる。

あらためて私自身のやる気のスイッチが入りました。
先生達とみんなでみたいと思います。

Older Entries