29日 若浦中の授業研究会に、学びの共同体研究会の深沢先生が見えた。

本校にきてもらっている佐藤雅彰先生と同じ協同学習の実践家

あらためて協同学習の意味を確認する。

私は、授業を参観できなかったけれど本校の先生も4名参加。

若浦中に協同学習を紹介したのは、私 水嶋

南山の大学院に学んでいるときに

津村先生を中心にラボラトリーの体験学習を通じて学校改革を進めるという

文科省の教員養成GP事業の一環として研究協力校を募集し

私も地元舞鶴の小中学校にチラシを案内した。それに若浦中が応募されたのが縁で

津村先生と私で2回、若浦中の研修会に参加。

そうして人間関係づくりは、ラボラトリーの体験学習で

学習はコミュニケーションとしての学び「協同学習」でという路線が定着

青葉中が続き、日星高校でも取り入れて3年目になる。

本校の研究会にも若浦中や青葉中の先生が参加されることが普通になった。

中学校の授業から学ぶことが大きい。また中学校の教師も高校で

自分たちの教育のビフォアー・アフターを検証する機会となる。

こうして校種を越えた研究が進み生徒が学びやすい学校づくりが広がっていくことを願う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月25(日)26(月)に本校に南山大の津村先生を招き

「ファシリテーション養成講座」を開講します。

公開講座としています。お問い合わせは学校まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー