二学期を前に、校内除草お世話になりました。

二学期を前に、校内除草お世話になりました。 はコメントを受け付けていません。

育友会・同窓会・ステラソルの皆さんはじめ、ボランティアの方々・生徒会・教職員合同の校内除草が無事終了しました。短時間の内に大変美しくしていただきました。明日の始業式も気持ちよくはじめられそうです。暑い中、本当にお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。

夏休み最後の教員研修を経て、二学期へ

夏休み最後の教員研修を経て、二学期へ はコメントを受け付けていません。

二十三日、青葉中一年学年主任の木下先生を迎えて生徒指導学年学級づくり研究会をもちました。
中学は生徒を選べないから様々な困難を抱えている生徒が入学してきます。そうした生徒を学年団で受け止めて問題解決していくー 生徒の問題をその子だけの問題にせずクラスや学年に投げかけ返し自分たちの事として考えさせ行動につなぐー中学生になろうの取り組みがあります。
学年としてやることはいっしょにやる。むずかしいことは補いあって前にいく。
年配の先生が若い先生を支え、互いの持ち味や違いをうまく生かして多面的な生徒の見方や関わり方をし、生徒と関わる。
教師の「生徒を見捨てない」との愛が、生徒につたわり信頼関係ができていく。

まさに生徒にとっても教師にとってもクラス作り学年作りなのです。
そうした日々の教育の営みは大変だけどやりがいのある仕事。先生のチーム作りが生徒によい影響を与えないわけがありません。私達もまた、一人一人を大切にする教育を実践するチームづくりが重要だと強く思わされた研究会でした。

普通コースの生徒登校日

普通コースの生徒登校日 はコメントを受け付けていません。

 

23日は、普通コースの生徒登校日

1年生は、講堂に集まり、頭髪検査 夏の間に茶色く染めた生徒は始業式までに直してくるように指導をうけました。

また、学年主任から話のあと教室に帰って宿題の点検。二年三年も同様に宿題の点検

夏にやるべき事ができていないまま遊んで過ごした「キリギリス」さんが、必死でがんばっている姿も見られました。

皆様方のご協力により大きな事故もなく26日には二学期がスタートします。

日星高校と戦争(その3)

日星高校と戦争(その3) はコメントを受け付けていません。

重砲兵連隊の跡地であったことを示す貴重な石がでてきました。

幼稚園の音楽教室の横にある築山の木をばっさりと切ってもらいました。

すると草木の中に埋もれた石の記念碑が現われました。

「日露戦争30年後 記念築山」と書かれています。

左下には「昭和十年三月 配石は舞鶴城城石也」とあります。

築山に腰掛け風に並べられた石たちは、舞鶴城の石垣の石を運んだようです。

これも戦意高揚の役割を果たしたのでしょう。

まだまだ詳しく調べる価値がありそうですね。

日星高校と戦争(その2)

日星高校と戦争(その2) はコメントを受け付けていません。

夏があっという間におわっていきそうです。記憶がうすれないうちに日星高校と戦争の続きをお知らせしておきましょう。

今の校舎

重砲兵連隊の兵舎(応接室の写真より)

戦争のための兵舎が、平和をつくる教育の場に変わったのです。

今も残る唯一の当時の連隊建物の一部 炊事場で竈の跡がある、横にトイレだった建物を外倉庫と喫煙場所して使っていましたが老朽化が激しくて今年になって除去しました。なつかしいと今でも訪ねてこられる人もいます。

寮の裏、東隅に残る赤煉瓦の小さな倉庫(整備しないとアンコールワットになりつつあります)

当時のままの赤煉瓦の西門 正門もこのように赤煉瓦づくりだったのでしょう。

舞鶴の近代化遺産の一つです。

 

朱雀高校 協働学習研究会

朱雀高校 協働学習研究会 はコメントを受け付けていません。

朱雀高校の校内研究会に金子さんが来られるというので同僚の先生二人と京都まで出かけました。

金子さんは、埼玉の新座高校の社会科の先生で協働学習の実践家。
私たちも昨年から協働学習にとりくんでいますが、あらためて協同的な学びの意味を確認する機会となりました。

どんな仕事も一人ではできない。特にこれからの時代、どんな優れた人でもオールマイティというわけにはいかない。それぞれのもてる力を出し合ってチームとして問題解決をしたり創造したりする時代である。学習もまた、個人の頭の中で知識を貯めていくということではなく、互いのもっているものをリソースとして提供し合う相互作用としての学びである。
 企業が採用に当たって求める力の一番は、コミュニケーション能力。それは「助けて」といえたり、反対に「どうしたの」と他者に関わる力である。

 そうした力は放っておいても身につきません。
 協働学習を通して、教師と生徒、生徒と生徒の関係を孤立から互恵的なものに変えようとする試みが全国で広がっています。
 授業公開や研究交流もまた、教師をつなぎ学校間のネットワークをつくっていく大切なプロセスだと思っています。

課外学習やクラブがんばっています。

課外学習やクラブがんばっています。 はコメントを受け付けていません。

お盆が過ぎいよいよ来週から新学期がはじまります。

学校では、進学コースの生徒や普通コースの1年生の進学課外の後半の日程がはじまっています。

(写真は進学コース1年生)

クラブでは、野球部が「秋の高校野球」の第一戦が28日に峰山球場で始まります。それに向けて連日練習試合で実力をつけています。バスケットやバドミントンも、先輩が練習に参加してくれています。バドミントンは京都大会に出場します。

硬式テニスでは、一年の植本さんが、両丹大会に出場、昨日ブロック優勝で京都大会進出権を獲得。本日行われた決勝では惜しくも負け、準優勝となりました。

それぞれの夢の実現に向かって暑い夏もがんばっています。

Older Entries Newer Entries