2日、防煙教室開催
京都府立医大の繁田先生のグループと保健所の協力をえて毎年一年生対象に行っているものです。
かわいいパッケージやポスターを使ってタバコを買わせようというキャンペーン。外国ではタバコの害がわかるパッケージでないと売ってはいけないのに。タバコは薬物に違いなく健康の敵。タバコ産業とタバコ税のためにニコチン依存症にされているのです。売る企業と政府に対し、自分の健康は自分で守るしかありません。そのためにはやっぱり学習です。
暑い日であまり冷房が効かないホールでのお話でしたが皆さん真剣に耳を傾けていました。
お話のあとは、パネルや模型の展示コーナーを回り、実験に参加したりグッズをみたり体験的に学ぶ時間でした。

反省会ではしっかり感心もって聞いてくれてましたねと嬉しいコメントいただきました。