映画「1/4の奇跡~本当のことだから」のご案内

映画「1/4の奇跡~本当のことだから」のご案内 はコメントを受け付けていません。

「1/4の奇跡」上映会&入江監督講演会が、12月11日(土)14時より 舞鶴商工観光センター5Fホールで行われます。
「1/4の奇跡~本当のことだから」は、 石川県の養護学校の先生山元加津子さんをとったドキュメンタリー

以下、HPより

この映画は、山元加津子さんに語っていただきながら、 “ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ” “ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”ということを、描き出していくドキュメンタリー映画です。

養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、学校の子どもたちとの触れ合いの中で、子どもたちの持っている素晴らしい性質や力に出会う。 それは、私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている”いのち”、その尊さを知ることでもあった。

 詳しくは、http://www.yonbunnoichi.net/

尚、11日に見られない方は、5日の17時から映画の試写会があります。そちらにお越しください。

当日と同じ料金が必要です。(前売り1000円当日1500円 学生半額)

ステラソル(日星の夢と舞鶴の未来をつなぐ会)も応援しています。

待降節に入りました。

待降節に入りました。 はコメントを受け付けていません。

朝の放送で青葉宗教部長より次のようなお話をお聞きしました。

「教会の暦では、11月28日から待降節に入ります。
待降節とは、イエス・キリストの降誕(クリスマス)を待ち望む期間のことです。
教会の暦では、この日を起点に新しい1年の始まりとしています。
主の降誕に向けての準備期間であるとともに、神の救いの実現に向けて待ち望む時でもあります。

日星高校でも、先週の19日にクリスマスの飾り付けを全校で行いました。
この期間は、神との対話である「祈り」を大切に、キリストを招き入れなければなりません。

新しい年の始まりにあたり、1年間神様からいただいた多くの恵みに感謝するとともに、                        新しい年が、実り多い年になりますよう心をこめて祈りましょう。」

紅葉まっさかり

紅葉まっさかり はコメントを受け付けていません。

日星一のモミジはテレサハウス前

白いマリア様を紅く照らしています。

校舎のうしろのメタセコイアもすっかり秋です。

西田くん 中国語コンテスト第三位の記事

西田くん 中国語コンテスト第三位の記事 はコメントを受け付けていません。

本校2年生進学コースの西田聡君が、中国語世界コンテストで第三位になったことはすでにお知らせしているところですが

記事が26日の毎日新聞に掲載されました。

薬物乱用防止の学習をしました。

薬物乱用防止の学習をしました。 はコメントを受け付けていません。

3年生普通コースでは、24日に映画「DRUG」を見ました。

多くの青少年が、「好奇心」「淋しい」「痩せたい」などの理由でいとも簡単に

薬物を手にしてしまいます。そうした中に高校生もいます。

映画を通して、薬物の危険性や依存症の恐ろしさを学びました。

「こんなに身近なところに薬物のわながあることが分かった」

「友だちが、手をだしかけたら救ってあげたい」などの感想をもちました。

誘惑を拒むことが出来る力をつけてほしいと願っています。

「風のかたち」上映 新聞に掲載

「風のかたち」上映 新聞に掲載 はコメントを受け付けていません。

舞鶴市民新聞11月24日号

鍋まつり新聞記事

鍋まつり新聞記事 はコメントを受け付けていません。

「日星高の生徒も交えて販売」の記事が京都新聞23日号に掲載されていました。

京都なべまつりに調理部参加

京都なべまつりに調理部参加 はコメントを受け付けていません。

京都市の公設市場を会場に行われている「鍋まつり」同志社女子大の食物研究会が舞鶴の漁連とジョイントで「二色つみれ鍋」を出店。 そこに高大連携として、いっしょに参加しませんかというお誘いを受けました。本校調理部の5名と顧問の古田先生と私(校長)で舞鶴を730に出発、930に丹波口の公設市場に到着。       

 すでに同女のメンバーと職員さん、漁連のスタッフが、仕込みの最中。早速、つみれづくりからお手伝い。11時の開会にあわせてどっと押し寄せるお客さんにちらしを配布。ずらりと並んだお客さん、1時半につみれがなくなるまで600食以上を調理や配膳、大学生は、主に調理を、日星の部員達も配膳に大活躍しました。  

完売でお昼弁当を食べたのは2時でした。 KBS京都放送のラジオパーソナリティ山崎弘士氏にラジオの実況中継で小谷部長もインタビューをうけるなど「貴重な体験」の一日でした。 参加へのお声がけをいただいた同志社エンタープライズの山元氏、バスをチャーターし同行いただいた丹後活性化委員会の桜井氏に感謝申し上げます。

「日星高校のかわいい生徒さんもお手伝いいただきながら」


店の上に出した看板


パーソナリティ山崎浩氏のインタビューを受ける小谷部長


ちらしを配ってお客さんの呼び込み

同女の学生さんといっしょに配膳の作業をすすめる

はっぴの後ろにはこのようなデザインが。

今後の高大連携事業にご期待ください。

学校説明会PR広告

学校説明会PR広告 はコメントを受け付けていません。

舞鶴市民新聞11月19日掲載

音楽部に楽器をいただきました。

音楽部に楽器をいただきました。 はコメントを受け付けていません。

舞鶴文化教育財団より音楽部に楽器を寄贈していただきました。

19日、音楽室に財団の高橋照理事長様を始め3名の方をお迎えしました。

高橋理事長より、「たくさん練習して、他の楽団と交流をしたり、市民に音楽の喜びを広げて欲しい」

とのメッセージをいただきました。

続いて、寄贈いただくチューバ、ギターアンプ、バスドラなどの目録を校長に授与

校長のお礼のあと、音楽部が早速、演奏で感謝を表しました。

吹奏楽グループが、チューバも入れて校歌を合奏、軽音楽グループは「カノン」をエレキギターとドラムで演奏。

「とても上手ですね」とお褒めをいただきました。最後に倉橋生徒会長からお礼の言葉を申し述べました。

目録の贈呈

校歌の合奏

エレキ版「カノン」

 

Older Entries