8月11日のレッツフィールザキャンパスin舞鶴をきっかけに梅花女子大学・同志社女子大学との高大連携が進んでいます。21日、梅花女子大学の北澤学長、酒井総務部長、三好総務部グループリーダー、神吉入試広報グループリーダーをお招きし聖ヨゼフ学園との教育連携締結式を専攻科会議室にて行いました。聖ヨゼフ学園側は、法人本部の古川理事長、小林事務局長、日星高校水嶋校長、京都暁星高校 玉手校長、舞鶴聖母幼稚園 水嶋園長、そして日星高校教職員が参加。ご支援いただいた中島府会議員、丹後活性化委員会森本代表、同志社エンタープライズ山元事業部長、そして日星同窓会安積会長、ステラソル山田事務局長も会に花を添えていただきました。

水嶋校長より経過報告のあと学長・理事長の署名の交換、挨拶、握手でセレモニーは終了。

今後は協議会をつくり交流の内容の検討をしていきます。

チアリーディング部も援助をいただきながら次年度本格的に立ち上げます。ご支援をよろしくお願いします。