マリア寮への上り坂は、季節毎に変化を見せてくれます。秋には彼岸花が咲き、春先には水仙が目を楽しませてくれます。かって、ここに花を植えられたシスターたちの思いが伝わります。毎年めぐってくる季節の贈り物。

こうした風景すら消えてしまった東北の街の悲しみを私たちがどれだけ分かることが出来るのでしょうか。大震災から2周囲間がたちました。TVは少しずつ普段の番組に戻って生きつつあります。けれど万を超す行方不明者の方がいらっしゃいます。一刻も早い発見と家族との体面を そして原発事故が落ち着くことを祈ります。

神が与えたもうた試練ならば、それを引き受けていきましょう。みなの心と知恵を合わせて。