舞鶴が元気になる街にという願いの方々が集まって「丹後活性化委員会」という市民団体主催で本校が会場です。
  地域医療の担い手を育成する日星高校で、「健康」をキーワードに地域住民を対象とした事業を大学や病院と連携し、またステラソルや同窓会の協力も得て実施します。
 看護科生も健康チェックや体操の補助に活躍します。
   「キッズ・オープンスクール」(小学生対象のナース体験)と同時開催で、日星高校看護科を知ってもらう機会でもあります。
 多数の皆さんのご参加をお願いします。

2 期日 2011年6月4日(土)午後1時より4時

3 場所 日星高校 講堂     

4 主催 丹後活性化委員会(代表 森本 信)

5 協力 洛和会 同志社エンタープライズ、日星高等学校、ステラソル、日星同窓会、

 梅花女子大学、同志社女子大学     ・後援 舞鶴市、舞鶴医師会

6 日程 1 受付     1230~                                    
      2 オープニング
            (1)日星高校吹奏楽部演奏 「ふるさと」他
             (2)伊藤直輝さんのギターとソロ
                          舞鶴のテーマソング「優しき我が町よ」他
             (3/27 KBS京都にてオンエア)
      3 講演会     1330~1420   「ボケない生き方教えます」
                 講師 木村透氏(洛和会みささぎ病院院長)
      4 健康チェック  1420~1500   日星高校看護科生(4・5年)
      5 健康体操   1500~1540   講師 福田公雄氏
                  (洛和会ヘルスケアシステム健康運動指導士)
        6 栄養指導         同志社女子大学生活科学部栄養科学科