心配していました台風も、東にそれ、この地方は、穏やかな日となりました。
それでも、各地で被害が出ており油断できません。
さて、学校は、今日で終業式を向かえました。
1学期のしめくくりとして以下のような話をしました。

野球部のがんばり、学校が一体となった応援、
そのがんばりは普段の学校生活からでていること。
3年生は、1年の時から、あいさつや掃除(教室美化)がしっかりできる
落ち着いた学校生活を送ってきていました。
野球でみせた最後まであきらめない精神をこれからの学校生活に生かしてほしい。
いよいよ、就職や進学という進路を決める夏がきました。
何度でもやり直しができるとはいえ、やはり、ミスマッチで回り道をするのはもったいない
就職も、自分のやりたいことをはっきりさせ自分の新しい人生を切り開く大切なとき。
今やらずにいつやるのか。夏を制する者は、進路も制する。

2年生も、インターンシップにでかけます。
自分に合っていることは何なのかを確かめる就業体験です。
みなさんの「がんばり」が「日星の生徒はいい」という評価にもつながり
進路の機会が増えるチャンスにもなります。
しっかりとがんばってきてほしい。

1年生は、とてもしっかりした1学期が過ごせました。
あいさつはもちろん学習面やクラブ面でもがんばった1年生でした。
非常勤でこられている先生からのコメントを紹介
「どの学年もどのクラスも落ち着いて勉強に向かっている。
グループで関わりを持って学習している。
礼儀もとてもよくて私が廊下を歩いていると
横によけてくれて「先生どうぞ」と通してくれる。
また、学校生活の様子やボランティアに行っていることなど
自分の学校のことをほこらしげに語ってくれるそんな生徒がいる。
そんな元気な日星高校は素敵です。」
こんな風にいってくださっているのを聞き大変うれしく思います。

町で私が出会う人、どの人も「日星高校はいいですね。がんばっていますね。」
とゆっていただきます。日星に風がふいています。この風を追い風にして
それぞれの夢の実現に向かってほしい。
夏休みも、一人一人が日星の生徒であることの自覚と誇りをもって過ごし
一層成長した姿で元気に2学期をむかえられるよう期待しています。