普通コース登校日

コメントを残す

いよいよ25日から2学期が始まります。それに先立ち、普通コース1.2年生の登校日でした。
宿題の点検などを済ませ、分からなかったところは協働学習で学び合いをしていました。
2年生では、夏のオープンキャンパスに参加した生徒が口々によかったよと報告をしてくれました。
教育連携校である梅花女子大に行った生徒は「新しい食文化の説明がとてもわかりやすかったし
資格もとれることがわかった。ぜひ目標にしてがんばりたい」と成績をあげて特待生で受験するのだと
はりきっていました。それぞれ目標をもった2学期が送れるよう夏の蓄えが大切です。

地球のステージ事務所

コメントを残す

今回の仙台行きは、5月7日に日星と市民会館で行った地球のステージのご縁
桑山先生は不在でしたが、津波のあとの救護の中心になった東北クリニックを訪問。
地球のステージの事務所もあります。事務所の石橋さんは舞鶴にもこられた方。
これがご縁で、青葉中学校ともつながり1月に公演がきまりました。
市内の中学校では、閖上地区折り鶴プロジェクトにも参加
双方向の交流がはじまっています。
ちょっと足を運ぶことでたくさんのことが見えてきます。人とつながります。
それが共にの中身だとおもっています。
名取市の被災地を案内いただいた石橋さんありがとうございました。

尚「地球のステージ ブログ」で現地からのリアルタイムの情報がうけとれます。

がんばろう東北

コメントを残す

3年生の進路懇談

コメントを残す

お盆も過ぎ、学校も少しずつ2学期の準備に入っています。
今週は、課外(進学コース、普通コース)が始まりましたし
3年生の就職規模希望者の個別懇談が1617と2日間の日程でありました。
進路選択の傾向として、就職から進学へと変わった生徒も多く
次へのスキルアップをねらっています。
専門学校では毎年ある美容と調理がありません。
また、今まだ決められない生徒も若干います。
高校に入った生徒に「卒業後はどうしたいの」って聞いてもなかなか
返答がありません。
同様に今の高校生活からの次のステップへ登るためには
エネルギーが必要です。
進路部長の林先生は「エネルギーが満ちてくるまで少し待つことも必要かと思っています」

求人は96社、139件来ています。舞鶴近郊は相変わらず厳しい情勢です。

チアリーディング部、夏合宿に行ってきました!

コメントを残す

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
まだまだ夏の暑さが続きますが、お変わりないでしょうか?
チアリーディング部も暑さに負けず頑張っています!
本日はそんなチアリーディング部の夏合宿の様子を少しご紹介したいと思います。

合宿は17・18日。
場所は顧問の池田先生の母校である同志社大学同女子大学。
チアリーディング部での初めての合宿にワクワクドキドキしながら京都へ向かいました。
体育館に入った瞬間の大学生の元気と笑顔に最初は圧倒されてしまった!・・・なんてこともありましたが、すぐに気持ちは「私たちも負けていられない!」「あんな風になりたい!」と変わりました。大学生と一緒に練習をしたり、横で練習する大学生を見たりする生徒たちの目は、素直に「チアが楽しい」「上手になりたい」という思いでキラキラと輝いていました☆大学生の一言一言、練習への姿勢や態度、パワーそして笑顔からたくさんのことを学んで、無事学校へ帰ってくることができ、有意義な合宿になったと実感しています。

大学を出発する際には大学生に「がんばってね」「またきてね」と見送られながら大学を出発しました。
帰りのバスでは大学生のこと、合宿のこと、たくさん話をしながら・・・深い眠りについていました。一生懸命頑張ったから、疲れたいたんですね(笑)・・・気がついたら学校に到着。「帰ってきてしまった~さみしいなぁ」といいながら生徒たちは帰宅していきました。
筋肉痛の足をひきづる背中は昨日学校を出る時よりも一回り大きくなった・・かな?
まだまだスタートしたばかりのチアリーディング部ですが、まだまだ成長中のチアリーディング部です!次は文化祭の発表に向けて猛練習中です!!
これからも乞うご期待!そしてあたたかいご声援の程よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

では、皆さまもお元気にお過ごしください。

鎮魂と祈りの仙台 七夕

コメントを残す

仙台の七夕まつりは8月6・7・8の3日間行われました。
鎮魂と祈り そして希望の七夕飾りの街

仙台市荒浜海岸の被災

コメントを残す

名取市から北にあがる。ここらあたりは、10mの津波ですっかり水没した地区
住宅街の真ん中にあった学校
今は、がれきとなった家が片付けられて礎石だけが家の名残
なんにもない中に荒浜小学校だけが立っていました。体育館の屋根まで津波がきたという。

校舎の壁には学校からのメッセージがかかげられていました。

高齢者施設も大きな被害が

海岸の松林がなぎ倒され、田んぼの中に そこに咲いた一輪のひまわり 

仙台港の工場も

終戦記念日に

コメントを残す

終戦記念日のニュース、正午の黙祷を特別な思いをもって目をつぶる。
去年までの終戦記念日は、確かに戦後でした。終戦という区切りから復興への希望があった。
しかし、今年の終戦記念日は、まだまだ戦いのただ中ではないか。
津波の被災地では、明日はまだ見えない。生活を立て直す家が建てられない。
福島では、少なくなったといえ今なお、原発から放射能が出続けている。
まさに闘いのさなかであり、原発疎開をしている人にとっての戦後はいつくるのだろうか。
私の友人から転居の葉書が届く。飯舘村に住んでいた彼は、初めて自分の意志以外で転居をよぎなくされたと記されている。
ふるさとにいつ帰れるのか。1年後、3年後、10年後 それすら見えない今のくらし。
福島のある私学が、原発疎開で生徒数が激減して廃校になるというニュースも入る。
私たちの希望は、私たちの中から生み出さなくてはならない。
祈りの中から希望を見いだす努力がなされている。
関心を持ち続けること。そして、私たちがそれぞれの場でできることを
そして、何よりも精一杯生きることでできる連帯を求めたいと思う今日。
こうした思いを生徒たちに伝えたいと思う。

TVのインタビュー。「今日は何の日か知っていますか?」
「知らない」なんて言わせるものか。

閖上小学校体育館は遺留品の置き場

コメントを残す

閖上小の生徒は、一旦3階に避難したあと、津波がこないかと体育館で帰宅準備に入っていました。
保護者に引き渡しの前に「津波がグランドに!」という声で、再度3階に避難。危機一髪で全員無事
かぜで休んでいた1名の生徒が亡くなったそうです。
体育館の入口に残された泥でよごれたままのランドセル

閖上小学校の体育館は、津波で流された大切な「記憶」の遺留品置き場になっていました。
たくさんのアルバムや写真 卒業証書などがとりに来る人をまっています。
閖上地区では4人に1人がなくなったといいます。持ち主が亡くなられたのかそれとも
生活がいっぱいで余裕がないのか・・・

閖上小学校

コメントを残す

 

 

 

 

 

閖上小学校 校庭のバックネットがぐにゃりと曲がっています。
校舎には、自由に出入りできる。廊下は、泥がきれいに洗われていました。

ここまで水がきた。

 

 

 

 

 

 

家庭科室の窓ガラスの中程から下に、茶色い筋が残っていてここまで水がたまったいたことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

閖上小学校では、子どもたちが津波が来るというので3階に避難していました。
迎えにきた保護者には渡さず、いっしょに3階に上がっていました。
停電になり情報がラジオとワンセグだけになっていました。
けれど津波到着予告時刻を過ぎても津波がやってこないという噂になり
100名ほどの親子が体育館におりることになりました。
そうこうするうちに2階にいた保護者が校庭に様って来る津波を目撃し
体育館にかけおり、「津波だ、逃げろ-」と叫びました。
みるみる運動場を埋めた水。間一髪で助かったそうです。
学校を休んでいた1名の児童が犠牲になりました。
(以下のUtubuに閖上小のせまる津波と保護者の方の証言があります)

また、被災前と被災後の閖上小中などの写真が掲載されています。

Older Entries Newer Entries