看護科 宮城県白石高校との交流

コメントをどうぞ

白石高校との交流が、市民新聞(9月30日号)に掲載されました。

文化祭の取組

コメントをどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各クラスの出し物の準備に入っています。ダンスの練習をする生徒、展示の準備をする生徒それぞれがんばっています。

舞鶴市少年補導委員全体研修会

コメントをどうぞ

舞鶴市少年補導委員の全体研修会の講師として日星高校の生徒のがんばりを話してくる機会に恵まれました。
日頃、街頭巡回補導でご苦労になっている皆さん50名集まっていただきました。
挨拶のワーク。一方通行ーミスコミュニケーションのワーク。思い込みに気づくワークなどを交え
高校生の今について1時間半話させていただきました。

(いただいた感想より)
「暗いことが多い日常の中でポジティブな水嶋先生のお話はありがたいと思いました。
取り巻く状況が変わらなくても自分の気持ち次第で状況が違ってみえるということに
改めて気づくことが出来ました。様々な応用ができると思います。」
「子供たちの生の声を聞かせていただき、思春期の心の動きがよく分かりとても良かった。
また、今後補導指導に役立てていきたい。日星の教育方針が理解でき、日常とても苦労され
努力されている事に感謝したいです」
「疲れている中で足が重かったのですが、やっぱり参加して良かったです。声をかけても反応してくれなかったり
冷めた態度をとったりする子がいて大人であっても傷ついたり、距離を置いてしまったりすることがあります。
でも、今日のお話をきき、表面に見えることで判断して関わりをやめてしまったりひいてしまったりすることがだめで
あと一歩近づけば相手も歩み寄ってくれるかもしれないのだと改めて思いました。」

ありがとうございました。

文化祭の練習がはじまりました。

コメントをどうぞ

10月7日8日は文化祭
1学期からクラスやクラブで計画してきたものを作成準備する週間がはじまりました。

オープンスクール参加者の感想から(看護科)

コメントをどうぞ

 9月23日(金)に本校の第2回オープンスクールが開催されました。看護科の参加者は、

中学生37名、保護者31名でした。兵庫県や滋賀県及び福井県など、京都府外の遠方からもご参加いただきました。ありがとうございました。

その方々から、感想をいただいておりますので一部をご紹介します。(中学生の感想から)

・体験では、手の洗い方や包帯の巻き方などほめてもらえて嬉しかった。

・学生の方がすごくかっこよくて、自分も出来るようになりたいと思った。

・音楽で人の心を落ち着かせることが出来るということを知った。

・とても楽しかったし、勉強になった。次回も参加したい。(多数)

・とてもためになるオープンスクールだった。(8名)

・ますますこの学校を受験したいと思った。(7名)

彼岸花

コメントをどうぞ

 

 

 

 

 

今年も学校の土手の彼岸花が咲きました。
毎年、お彼岸になる日を覚えていたかのようにきっちり咲くのには驚かされます。
今年は、少し遅かったようですが、きれいに咲きそろっていました。

宮城県立白石高校からのメッセージ

コメントをどうぞ

先にお知らせしました白石高校からのメッセージが専攻科の2階に掲示されています。
一部をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護科生が送ったメッセ-ジ
オープンスクールでの説明PPTより
この後、「同じ夢にむかってがんばっていきましょう。」
と結ばれています。

 

Older Entries