被災地の高校からお礼のメッセージが届きました

コメントをどうぞ

 今年の7月に被災された東北の看護科5年課程の高校に励ましのメッセージを送りましたが、先日そのお礼のメッセージが届きました。
宮城県立白石高校の看護科1年生から専攻科2年生まで 「ありがとう」をそえた写真入りのメッセージです。
 「皆さんからのメッセージを読ませて頂いてとても力をもらいました。震災なんかに負けずに前を向いて行こうと思うことができました。」「バザーを開いてくださったり、お見舞金や温かい言葉をいただき感謝の言葉でいっぱいです。」
「遠いところから私達のことを見守ってくださりとても嬉しいです。」「私の自宅は、津波に流され、何もかも失ってしまいましたが、、今は新しい生活をスタートさせ、徐々に普通の日常を取り戻しています。」という内容でした。

 また、バザーの収益金で購入し送った図書券は、家などが流された生徒たちの教科書購入代金にあてます。ありがとうございました、と書き添えてありました。

カナダ長期留学出発!

コメントをどうぞ

本日、進学コース二年生2名がカナダ長期留学に出発しました。無事に伊丹から成田、そして成田からバンクーバーへ向けて飛び立ちました。2人は姉妹校のセントパトリック高校へ10ヶ月間通います。来年の6月の帰国まで、現地の高校生と同じ授業を受けて、ホストファミリーと生活をします。たくさんのことを学んできてください。2人の成長を楽しみに日本から応援しています!