文化祭初日、校長と実行委員長の挨拶のあと、
琴クラブの演奏から今日のメニューがスタートしました。
はじめは「三分間スピーチ」。”裁判員制度”や”最近の総理大臣”
”風評被害”など最近の政治社会問題から、”夢に向かう”,”音楽”,
”本の未来”など高校生としての関心事についてよくスピーチをしていました。
次に「クラブ発表」。軽音楽部のロック演奏につづき、チア部・吹奏楽部の
新しい発表がありました。午前中最後は、クラスの舞台発表。
自分たちで考え、練習してきただけに、生徒たちの明るい笑顔が印象的でした。
午後は、特別ゲスト「ダニエル・カール氏の講演」。
”日本には、交通網・教育制度・治安の良さ・食文化・・・など、外国人の目から見て、
とてもすばらしいものがある。それらのお国自慢をもっとして、被災地の復興を含め、
もっと日本に元気になってほしい・・・”と山形弁で力説されました。
外は小春日和、よい文化祭初日でした。