舞鶴市消防本部から二人の消防士が来られて、看護科3年生に救命救急法を指導してくださいました。内容は心肺蘇生法とAEDの使用方法。私達はいつどこでどんな場面に遭遇するか分かりません。看護科生の単なる学習の一環としてだけではなく、一市民としてこういった救急法の習得が求められています。生徒達も真剣な面持ちで取組んでいました。