今回の看護科のピア活動は、東日本大震災の支援活動をされてきた舞鶴赤十字病院医療チームの報告会を受けました。テーマは「災害支援における看護」、講師は看護師長の里見紀久子氏、看護師の谷内好美氏・永谷誠氏(看護師のお二人は本校の卒業生)です。
谷内さんは3月、里見さんは、本年4月14日から福島県を中心にして5日間、被災地の支援活動にあたりました。その時の様子をスライドを使いながら、生徒達に伝えてくれました。

 公演後、「看護師の仕事は病院だけではない」・「困難を乗り越えての支援活動に感動した」・・・などの感想が寄せられました。