教会の暦では11月27日から「待降節」といって、キリストの降誕を祝うクリスマスを迎える準備の期間に入ります。今日午後、本校でもクリスマスに向けて飾りやメッセージ作りなど各学年毎に割り当てられた準備をしました。1年生は聖母幼稚園児へのプレゼント製作(カード),2年生はトランスパレンススター制作及びステンドクラス飾り付け,3年生はクリスマスツリー・リース作り・メッセージカード制作でした。

また、今年のクリスマスのテーマは「愛と祈り」です。

具体的には、”愛”は募金活動です。保護者の方々にもご協力いただいて、

目標金額50万円を目指して募金を募ります。また”祈り”は千羽鶴を折っています。

一人50羽、クラスで1000羽、全校生で10000羽を目標にしています。

そして、この募金と祈りの折鶴を持って、12月14日、生徒代表が東日本の

被災地を実際に訪問して届けます。

皆様方にもご協力がいただければ、大変嬉しく思います。