12月10日(土)、軽音楽部の1年生ガールズバンド「ちょこらーた」が障害者支援施設こひつじの苑へ慰問演奏に行ってきました。

こひつじの苑の施設の方がちょこらーたのメンバーの保護者ということもあり、そのつながりから、こひつじの苑の年末行事でもある「年忘れお楽しみ会」というものに出演してほしいとの依頼があり、今回出演させていただきました。

慰問演奏は初めてということで、どういった感じなのか雰囲気など全くわからない状態ではありましたが、入所者の皆さんに喜んでもらえるように、一緒に楽しんでもらえるようにと、曲目などを一生懸命考えて練習した成果を精一杯だしていました。

6曲の演奏のうち、最初の3曲は今の若い人が知っているようなもので、ノリの良いポップスやロックを演奏しました。

あとの3曲は誰もが知っているようなクリスマスの曲を演奏しました。

クリスマス曲の最後の曲「赤鼻のトナカイ」は歌詞を張り出したり歌詞カードを配ったりと入所者の皆さんと一緒に歌えるように工夫したこともあり、一緒に歌ってくれたり手拍子をしてくれたりと、とても楽しくあたたかい時間をみんなで過ごすことができた感じでした。

最後に記念撮影をして終わりの予定でしたが、入所者の皆さんからのアンコールがありましたので、急遽、ノリの良い曲を1曲演奏し、入所者の皆さんもちょこらーたのメンバーも満足ということで終えることができました。

  

ちょこらーたのメンバーは、2学期期末テストの真っ最中でも出演するための曲の練習とテスト勉強と両方とも頑張っていました。

今回、目立った失敗もなく、依頼としては満足の結果ではありましたが、それぞれに反省点があったようで、課題を見つけたようでした。
それとともに演奏する楽しさや喜びも見つけたようで、口々にもっと頑張って上手くなりたいと言っていました。

軽音楽部ではこれからも多くのステージに立てるよう頑張っていきますので
今回出場しなかった部員も含め、応援宜しくお願い致します。