現在、2年生の選択授業(情報技術)の授業では、3次元アニメーション動画作成に取り組んでおります。 DOGA-1というソフトを使って、自分の考える戦闘機や戦車やロボットを作り、それら1つ1つに動きをつけていき、最後にカメラがどう動けばいい画が撮れるかなどのカメラワークなどを考えて、自分の考える映像の場面場面に合うように自分が総監督となり、作ったものを動かしていくということを行っております。

2学期の集大成として作成した3次元アニメーションの作品の中から、優秀作品3点をまとめましたので、
どうぞご覧ください。

日星高校の選択授業(情報技術)では、このような3Dアニメーションから、視覚的効果に関することまで多くのことを学び、将来のゲームプログラマー育成の内容で授業を行っております。

(今回使用したDOGA-L1のソフトのほかにも、
メタセコイアなどのコンピュータグラフィック関連ソフトから、
ドリトルプログラミング言語やMicrosoft Visual Studioなどのプログラム言語、
ビュートレーサーなどのライントレーサーといったロボットにパソコンから命令を送り、実際にその通りに動かしてみるといったものまで幅広く学び、ゲームプログラムからゲームデザイン、ゲームプロディースの技術まで実際のゲーム作りに必要な技術の習得を目的としています。)