日星高校の訪問団は、飛行機の遅れや夕食がとれなかったこともあり、予定より遅れて昨日12時頃に学校に無地帰着しました。
お疲れ様でした。
私も、14日は、看護科4年生の「人間関係論」の授業であらためてNHKド再起への記録「一人じゃないんだぞー閖上中学校の仲間達」を
見ながら、東北とシンクロをしていました。

鶴をもって訪問させてもらった名取市立不二が丘小学校の岡田校長先生に朝、お礼の電話をしました。
「折り鶴の激励、たいへんうれしかったです。きちっとした生徒さんでした。ありがとうございました。」と喜んでいただいていました。
ナビゲートいただいた不二が丘小学校のボランティアである齋藤有紀さんが
ご自身のブログに『最後の一万羽届く」として早速掲載していただいていました。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ropepocket/view/201112/

募金を始め、こうしたく「愛と祈り」の取組にご支援いただいた保護者の皆さんありがとうございました。
また、現地で対応いただいたカトリック仙台教区サポートセンター、不二が丘小小学校、閖上中学校、地球のステージ事務局の
皆様にお礼を申し上げます。これをスタートとして「絆」を深め、「共にあり続ける」姿勢で「いのち」の教育をしていきたいと思っています。