クリスマス週間初日、校長先生の「クリスマスについての話」で開幕しました。

キリストの誕生を祝うクリスマス。その意味を東日本大震災と重ね合わせて話されました。
そして、さだまさしの「生まれてきた理由」の曲に合わせて被災地の映像が流されました。
とても良い導入だったと思います。

その後、生徒達は21日のミサのために聖歌練習をしました。
休憩の後、映画「34丁目の奇跡」を鑑賞しました。
ほんのりとした優しい心持ちになりました。