京都の洛星高校は、クリスマスの「聖劇」(タブロー)を毎年続けられて
今年で46回目を迎えられます。
2年前に青葉先生が、1週間、洛星高校でクリスマスタブローに取り組む生徒たちの姿を見てきたことがあります。阿南校長さんとはその年以来のご縁で
私もいつか見にいかせてもらいたいと思っていました。
夕方の4時開演、3時半頃には、学校前の道路は人波ができて、地域の人や保護者。卒業生の皆さんに根付いた行事だと感じました。

中高生500人の生徒スタッフで創り上げる大きなイベントです。受付も案内も全て生徒がきびびびとうごき質の高さを感じました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(説明より)
タブローは、フランス語で活人画という意味で、通常の劇のようにキャストにセリフはなく、絵画的な美しさを求める(聖書朗読は行われる)。
キリストの誕生の喜びを表す、宗教音楽をバックに聖書の場面を絵画的に表した美しく荘厳な劇。
タブローは中学1年生は全員がキャストまたは聖歌隊として参加し、中学2年~高校2年生は有志の参加で、スタッフやキャストの演出を行う。
ボーイソプラノを含む中1の合唱と本格的な男声合唱、さらにはハンドベル、ヴァイオリン、フルートの演奏など音楽も充実していて、毎年来場者の多い洛星の伝統行事である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大きな舞台の上に立つ生徒の姿は、止まるとじっとして動かずその姿がすごいなと思いました。

こうしてみんなで創り上げる行事をもっていることはとてもすごいことだし感動を与えられる経験をするって大切だなっておもいました。
阿南校長先生 先生方 そして素晴らしい歌と演奏、演技をみせてくれた生徒諸君に感謝いたします。

校長先生のメッセージ(タブローの中でも言われました。)
「タブローを通して、クリスマスのメッセージに心を開き、
私たちが物に執着するあまり見失ってしまった真の豊かさを
取り戻すことができますように、憎しみ、争いの絶えない世界にあって
平和のため ともに祈りましょう」
のことばが心にしみました。