3年生、最後のコミュニケーション授業;「言葉の花束」

コメントを残す

 いよいよ3年生の卒業認定テストは明日までとなりました。そして、今日は最後のコミュニケーション授業を行いました。テーマは「言葉の花束」。一人ひとりが他の友達の色紙に思いでの言葉を書いて送るものです。(写真は、生徒から担任への言葉の花束です)
書き終えた生徒達の感想です。
◇素直に嬉しかった。ありがとうございます。みんなのことが改めて分かった。
◇いい意味でいろいろ変わる事ができた。周りの人が変わったと言ってくれて良かった。
◇普段話すことがない人の自分に対する思いを聞けて良かった。自分が常に周りを見て行動していたと思うから、周りの人も自分を見ていてくれていたと改めて思った。
(・・・・以後、後日へ)

大雪の朝、ほとんど欠席なし!

コメントを残す

 舞鶴の雪、今年の冬は例年より多いようです。今朝も朝早くから職員総出で校内の除雪をしました。少しでも早く生徒の道を確保しようと、雪降る中、汗をかきかき、雪かきでした。
でも嬉しいですね。今日の出欠ですが、多少の遅刻者はいたものの、ほとんど欠席がありませんでした。職員室の出欠板の欠席欄が今日は0が並んでいました。

頑張っています!カナダ留学生活

コメントを残す

 カナダのセント・パトリック高校への長期留学。昨年の9月5日に日本を出発してもう少しで五ヶ月になります。進学コースの2名の留学生は、毎月1回の日本へのレポート提出が課せられています。今回は本人達の了解を得て、そのレポートの一部と写真を紹介します。

A, 学校について(学校生活、勉強、学校行事、友人など)
  学校生活は前よりずいぶん慣れたように思う。友人にも気軽に話かけられるようになった。勉強面では、自分の意見を求められる機会が多いが、しっかり英語にしてそれを述べることはまだ出来ていない。英語力をつけるのは勿論、自分の意思もしっかり持っていないといけない。学校行事は先程も述べた通り、大きな学校行事に参加出来とても満足している。これからもそのような行事に自ら挑戦していきたいと思う。友人は沢山できた。いつも助けてもらってばかりなので、私も友人達の力になれるようになりたいと思う。

B, ホストファミリィ・ホームステイについて
  ホストファミリーには相変わらず色々な面(学校についてなど)面倒をみて
もらっていて、とても感謝している。
ホームステイについては、今は韓国出身の社会人の方、スチューデント2人とメキシコ出身のスチューデント1人と生活している。食事に時に互いの文化に違いなどを話し合えてとても良い勉強になっている。一緒に生活する上で、気を使うことも多いがそれもまた勉強だと思う。

ホストファミリー・ホームスティについて
 12月24日の夜中に教会でクリスマスミサに参加しました。ミサ自体は日曜日のミサと同じですが、クリスマスなので、とてもたくさんの人が来ていました。おそらく近くに住んでいる全てのクリスチャンが来ていたと思います
 ホストファミリーとの会話の中で、人との関わりの間に国籍は関係ないことを学びました。私は日本のことを全て知っているわけではないし、私と完璧に同じ考えの日本人は一人もいません。日本に住んでいるから他の人より少し日本に詳しいだけです。それは他の国の人も同じです。私は誰かと会話するとき、「~人」と会話しているのではなく、その人個人と話しています。これから人とかかわるとき、その人を何かの枠にはめて付き合うのではなく、個人として見ていきたいと思います。

 二人の帰国は、今年の6月末の予定です。成長が楽しみです。

2年生、学習旅行に向けて、事前学習が進んでいます

コメントを残す

 本校の学習旅行(修学旅行)。これまで長年韓国に行っていました。しかし、今年度から沖縄になりました。行き先は変わりましたが、旅行に対する考え方は、変わっていません。学習旅行と銘打っているように、単なる物見遊山的な旅行ではなく、しっかりとした学習を前提にした旅行になっています。
 今年度の沖縄旅行は、3月6日から9日までの3泊4日の旅。沖縄は様々な意味で学習の場にもなっています。それに相応しい旅行になるよう、2年生は事前学習に励んでいます。(添付写真は沖縄についてゲーム感覚で学習しています)

看護科2年生、頑張って病院(施設)実習に励んでいます。

コメントを残す

 看護科2年生の病院(施設)実習。今日で2週間が経過しました。今週は大雪で病院や施設まで行くのが大変でした。24日(火)は大雪警報発令で、実習も中止になりました。さらに昨日は、福井県や丹後地方での警報で、来れない生徒達もいました。今日は天候も回復し、久しぶりに全員が揃いました。少し実習環境にも慣れて、患者様とのコミュニケーションができるようになりました。残りあと1週間の実習なので、精一杯頑張りたいと言っていました。

3年生は明日から卒業認定試験、大雪が心配です。

コメントを残す

 3年生は、いよいよ明日から卒業認定試験が始まります。これまでの3年間で培った多くの事の仕上げにしてほしいと思います。連日降り続く大雪が心配ですが、明日また元気に登校してください。
(写真は本日の校内の雪景色です)

漢字テストに奮闘中

コメントを残す

 月1回の漢字テスト、今回で今年度9回目になります。朝礼時の中、7分間というわずかな時間で行われます。一歩一歩、漢字の山を登ってほしいと思います。

今日は大雪でした。

コメントを残す

 今日は、大雪警報発令のため学校は休校となりました。生徒の皆さんは休みでしたが、職員は出勤です。4時間もかけて出勤してくれた先生、歩いて出勤の先生・・・。何とか明日朝の生徒さんの道を確保しようと、今日一日、雪との格闘でした。

生かされた者の使命とは・・・?

コメントを残す

 先週の17日、このブログで本校の鈴木教諭による阪神大震災の体験記録をアップしました。それを聞いていた生徒たちの感想です。

・あまり震災のことが分からなかったけど、今日の話を聞いてずごいと感じた。
・今回は水の災害だけど、火の災害も怖いと感じた。改めて地震のすごさを知った。
・話を聞いて、あのとき身内の人が帰ってきてくれて嬉しく思った。
・17年前の地震のことを知れて良かった。どれだけすごかったかを感じ取れました。
・自分のためではなく、人のために動けるようになりたいと思いました。
・自分にできることがあるのなら、今後いろいろ協力できるような人間になりたい。
・すごく心に響いた。一日一日を大切にしようと思った。自分なりに頑張りたい。
・一生懸命生きようと思った。ボランティアの機会があればしようと思った。
・地震は避けられないと思った。地震についてしっかり考えたい。
・人と人とのつながりは大切だということを学んだ。
・話を聞いて悲しくなった。このことを踏まえて今後の行動を直したいと思った。
・自然の力はすごいと思った。東北にもこれくらい被害があると思うと大変と感じた。
・話を聞くだけで痛みが伝わってきた。ひとの痛みが分かる人間になりたい。
・・・・・・

 3年生の授業は、今週の木曜日まで。その後、卒業認定試験、そして卒業を待つ。
いろんな思いを抱いて入学してきた生徒たち、日星高校での残された日々は僅かだが、彼らの本当の長い人生はこれからだ。

被災地支援報告会の案内

コメントを残す

ステラソルのメンバーである山内茂樹さんが年末に陸前高田から仙台へ物資をもっていかれました。その報告会が2月4日に開催されます。
被災地の今が分かります。どうぞお誘い合わせの上お越し下さい。

山内さんよりの案内を転送します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東北被災地報告について

先月の12月19日~23日に岩手県の陸前高田市から仙台までの被災地に行ってきました。
たくさんの方に寄付や物資の提供を頂き本当にありがとうございました。

テレビや動画で映像をたくさん見ましたが、やはり現地に行くとまた現地でないと解らないこともありました。 

あしかけ5日間の被災地訪問で 
見たことや 
思ったこと
感じたこと
簡単な被災地支援方法

などの報告を
写して来た写真や動画を中心に、今安さんと二人で報告させて頂きたいと思います。
まとまらない報告になるかもしれませんが、お時間のある方は是非ご参加ください。

場所  舞鶴市中総合会館(中公民館) 四階 研修室 1
    舞鶴市字余部下1167番地 電話 0773-62-0400

日時   平成24年2月4日   午後1時30分~

参加費 無料
席の関係で参加予定を連絡頂けたらありがたいです。

Older Entries