普通科3年生にとっては、今月末の卒業認定試験に向けて残り少ない学校生活を過ごしています。今日は社会人講話を受講しました。講師は、NPO法人NPOセンターの野池雅人 氏。私達の生活の中にある「困った事」・「ほっとけない事」を解決しようと頑張っている人や組織(NPO等)を応援する仕事をしているそうです。
NPOのさまざまな活動が紹介されました。
◇アフリカで地雷除去や子ども兵の学校建設
◇お日様発電所の設置や子供たちにクリーンエネルギーを広める活動
◇「死にたい」という子供たちの声や悩みを電話で聞くという活動
・・・・
社会の仕組みはすべて営利を目的としているのではなく、人が幸せになるための活動をしている人もいる。そして、人として、関心を持つ・個性を大切に・経済優先でなく私、あなた、みんなを大切にしてほしいと、述べられました。
卒業を目前にした3年生によい話をしていただきました。

<生徒の感想>
◇私は今までニュースとか見て、かわいそうな子どもとか家がない子供たちを見ても、ただ「かわいそう」とかで終わらせていて行動まで移せないでいた。しかし、これからは社会人なんだし、募金とか「一歩」行動に移したいと思いました。
◇NPOという名前は聞いたことがあったけど、その中身は知りませんでした。きょうの話でよく分かりました。困った人などを助けるって素晴らしい仕事だと思いました。話を聞いて、人に関心を持ち、小さなことでも行動に移して、いろんなことにチャレンジしていきたいと思いました。一歩を踏み出し、社会の役に立てるような人間になりたいです。