今日も朝、9:00に集合し遅れることなくみんな元気に学校に来ていました。
 Buddyと初めて休日を迎えたのでどのような様子であったか気になっていましたが、みんなそれぞれの家庭で、いろんなところに連れて行ってもらったようです。
 だいぶBuddyとの仲が深まってきて、セントパッツが日本に来る時は、今お世話になっているステイ先の生徒達がぜひ日本に来たいということでした。
 今日は、Stanley Parkにある水族館に連れて行ってもらいました。B.C.の魚も沢山いましたが、アフリカの魚やイソギンチャク、さんご礁も見る事ができました。大きな水族館でイルカのショウもやっていました。全て英語での説明で、しかもナチュラルスピードだったので、聞き取りにくいところも多々ありましたが、みんな一生懸命、飼育員の身振り手振りを見て英語を推測していたようでした。その後、水族館の中でランチを食べました。 それからStanley Park内をスクールバスで巡回しました。とても自然が多い公園で、半島全土が公園になっていました。Stanley Park内にはラグーンという海水が流れ込む湖があり、様々な動物が生息していました。日本ではあまりみられない野生の黒いリスや鶴などがいました。みんな思い思いに写真を撮りバンクーバーの思い出を刻んでいったと思います。
 お土産屋もいくつかあり日本の生徒のために寄ってくれました。生徒達は日本にはない壮大な自然に触れ、次第に気分もHighになったのか、歌を歌いながら歩くようになっていました。言葉は分からなくともバンクーバーの生徒達も日本の生徒達が楽しんでいる事が分かり、和やかな雰囲気で一日を終える事が出来ました。
(小林先生より)