同窓会からチア部と硬式野球部に支援が贈られました。

コメントを残す

チア部には、可動式の大きな鏡が二つ、野球部にはバット15本とキャッチャー道具一式、合わせて約30万円相当が寄贈されました。
同窓会の山田副会長から「同窓生1万人が皆さんの活躍を見守っています。これからもしっかりやってください」と励まされました。

入学式、117名の「私の思い」がその実現に向けてスタートしました。

コメントを残す


校舎内の桜がようやく開きはじめた今日、117名の新入生が日星高校の門をくぐりました。新しい仲間が加わりました。真新しい制服、緊張気味の顔、優しいまなざしの親たち、そして27名の来賓の方々・・・いつもの新鮮な空気感。

校長の式辞や来賓の方々によるお祝いの言葉の後、第2部「私たちの思い」がはじまりました。

◇中学時代は成績が良くなかった。日星高校の合格発表が嬉しかった。これからは全部頑張りたい。3年後「全部頑張った」と振り返られるようににしたい。
◇今まで諦めずにやってきた。そのため自分を苦しめたときもあった。支えてくれた両親に感謝したい。これからは大学と友達つくりをして、両親に恩返しをしたい。
◇今まで何不自由なく育ってきた。些細なことが大切だと思う。あえてたくさんの人と関われる看護師を目指したい。今、生きていることに感謝したい。
◇小さい頃はトラブルの多い子だった。毎日誤ってばかり。将来どうなるかと思った。でも大きくなるにつれ、野球が好きになり、笑顔一杯になった。優しく育ってきた。これからも野球を楽しく続けてほしい。

最後に学年主任より、「何か一つのきっかけで、頑張ることが出来る。自慢できる高校生活にしよう」と結ばれました。

代表者だけでなく、全員が「私の思い」を書きました。どれもが決意と希望に満ちあふれていました。私たちはその実現のため、気を引き締めて関わっていきます。