1929年、フランス人のアノージュ神父が

西舞鶴のカトリック教会の中に、舞鶴裁縫女学院を

設立したのが、日星高校の始まりとされています。