仙台空港のある名取市、12月14日生徒会の諸君が訪問した街
亘理町の教員で、閖上小学校PTA役員でもある小野さんに案内していただきました。
3日は、爆弾低気圧の影響で大雨、暴風、洪水警報の中、津波でなんにもなくなった閖上の町。
去年の8月に、地球のステージの事務局スタッフに案内してもらった場所の1年後。
日和山から更地になった町をみる。


賑やかな閖上の町の中にあったであろう「わかば幼稚園」のあと
ちょうど、TV「金スマ」でとりあげられていたのでぜひみたいと思った
壁にわずかに残った「わかばようちえん」のバスと文字わかりますか?
後ろは、唯一残ったお寺のあと
1年前にはまだあった公民館も取り壊されて何もありませんでした。


「さいかい市場」 店の再開と人々の再会を願ってたてられた市場。プレハブの中に20軒ほどのお店がならんでいました。
こうして少しずつ復興への歩みがはじまっていました。

さいかい市場の2階に「閖上わかば幼稚園」の仮の事務所があり、園長先生とお出会いすることができました。
3月11日の午前中は卒園式。そして公民館で祝う会を行って終わったあとに津波がきたそうです。
壁には、保護者のみなさんからの寄せ書きと、亡くなった4名のこどもたちと先生1名の笑顔の写真がかけられています。
幼稚園も新しい場所で再開に向けて準備をはじめていると。