昨日、「タバコの健康被害に対する正しい知識の習得と、未成年者の喫煙を防止し、健康づくりの推進を図る」ことを目的に、1年生に対して防煙教育がなされました。土井内科医院副院長の土井たかし氏による講演「タバコ不思議発見!」を聴きました。次に、生徒たちはタバコによる健康被害などのブースを体験してまわりました。

 

 

 

 

※ 受講した生徒たちの感想です。

◇日本が一番タバコを輸入していることをはじめて知りました。いままではタバコを吸っている人がいても、止めてほしいとは思わなかったけど、自分が考えている以上に害があることを知って、タバコを吸う人のいない世の中になってほしいと思いました。

◇タバコを吸うと依存になったり、ひどくて死に至る場合があったり、自分の寿命を削ることになりショックでした。

◇ぜったに吸わない。周りの人ですすめられても絶対に断る。未成年で吸っていたら止めるように言う。