青葉中学校の先生より電話がありました。
舞鶴市の生徒会の交流会を担当しているのですが、やはり被災地とつながった取組をしたいとのこと。
今年の取組をするにあたって、日星の生徒会の「被災地ボランティア」のブログを見られて行った生徒達の話を聞く機会をもちたいとのお話でした。

昨年は、青葉中学校が名取市閖上の折り鶴プロジェクトへの参加をし、7月に先生3名が閖上中・小が間借りしている不二ガ丘小学校を訪問されています。その取組は舞鶴市の7つの中学校と支援学校の取組となり、舞鶴市教育委員会を通じて名取市教育委員会そして名取市の中学校に折り鶴がとどけられました。
(「舞中8~絆プロジェクト」で検索 舞鶴市教育委員会がアップしています)
日星のクリスマスの「祈りの折り鶴」の取組もそうした青葉中の取組に触発されたものでした。

3,11がどんどん風化していく中で、こだわり続ける生徒がいて、そこに学びをと思う教師がいる。
日々の忙しさや次々とやってくる課題にともすればあきらめたり「ま、いいか」となってしまいます。
けれど私たちの教育という仕事は、子供達と向き合い、子供たちの目と心を世界を、未来に向けるすてきな仕事なんだなって青葉中の先生からの電話であらためて感じることができました。

私たちの取組も「3.11を忘れない」「被災地とつながろう」「私たちの幸せの意味を考えていこう」という思いが込められています。もちろんそれはカトリック校として、建学の精神「小さきものとあれ」の実践でもあります。
そうした「私たちの思い」が、学校支援のステラソルの協力を得て、「地球のステージ」ともつながり、また市内の中学校と、しかも生徒同士がつながっていく。すてきなムーブメントです。
学校が、これからの世界を担う子供達に豊かな学びを提供できる場でありたいと思います。