8月25日(土)与謝野郡与謝野町明石で行われた明石区納涼祭に軽音楽部の”ちょこらーた”と、吹奏楽部が出演しました。

明石区納涼祭実行委員の委員長の方と”ちょこらーた”のメンバーの一人が親戚であることと、ちょこらーたのメンバー2人の地元であるということで、軽音楽部に声がかかり、祭りを盛りあげてほしいということで吹奏楽部も参加ということでした。

地元の祭りということで、”ちょこらーた”は家族や親戚・友達など知り合いが沢山いる中での演奏でしたが、校外でのライブ経験が軽音楽部の中でも1番多いバンドだけあって、緊張していることも見せず、曲の演奏力の上手さももちろんのこと、お祭りに来ている方の心をつかむようなMCなどでもお祭りを盛りあげることができました。

吹奏楽部は、こういった校外での演奏が初めてで、最初は緊張していましたが、演奏が進むにあたって、緊張よりも人前での演奏が楽しいというような感じがあり、お祭りに来ている子どもが曲にあわせて歌ってくれたりと、とても良い雰囲気を出すことができました。演奏が終わったあとには、興奮がさめないようで、失敗したところや上手にできたところなど感想を口々に言っていましたが、みんなとても楽しそうで、良い経験になったことと思います。

吹奏楽部と軽音楽部からなる日星高校音楽部では大きなアマチュアバンドの大会にも参加しておりますが、地区のお祭りや慰問演奏など地元密着の演奏も大切にしており、様々な場に出演したいと思っておりますので、沢山の出演依頼をお待ちしております。
まだまだ未熟ではありますが、音楽部(軽音楽部・吹奏楽部)総勢38人をこれからも宜しくお願いします。

(吹奏楽部と軽音楽部ちょこらーた)