普通科2年生が京都市内の大学と会社を見学に出かけました

コメントを残す

普通科2年生が三つのグループに分かれ、京都市内の大学と会社を見学に出かけました。
《理系コース》
京都産業大学
※ 広い広いキャンパスに圧倒されました。学食だけで10棟もあるとのこと。自由な雰囲気を味わいました。
《文系コース》
佛教大学
※ 2グループに分かれ、それぞれ4年生に案内していただきました。親切な大学生がまぶしく見えました。

《就職コース》
メグミルク京都工場
※ 総務課長さんに、就職するに当たって大切なことを、現場の立場から説明していただきました。

お世話いただいた大学・企業の皆さん、本当にありがとうございました。
今日体験させていただいた大学や会社の空気感を参考に、生徒たちそれぞれが自分の進路実現に向けて進んでくれることと思います。

20121108-210941.jpg

20121108-211003.jpg

看護科ピアサポート活動として講演会が行われました。

コメントを残す

演題は「絆・私たちは負けない 〜東日本大震災からの1年半とこれから〜」
講師は、NPO法人難民を助ける会 東北事務所長 野際紗綾子 氏。野際氏は、2005年から難民を助ける会へ。’08年のミャンマーサイクロン、’09年スマトラ沖地震などの緊急支援活動に携わりました。昨年の東日本大震災では、発生から2日後に被災地に入り活動を続けています。

20121108-185545.jpg
講演では、ご自分の体験を踏まえ、国際協力や難民を助ける会の紹介。そして災害支援の現場から、行政の手の届かない災害弱者に対する具体的な活動内容が報告されました。また、同じ視点に立って、東北の被災地支援の様子。その活動から、若い生徒・学生に対して三つの可能性が求められました。
可能性1;「知る」災害支援に関心を持ち、批判的 な目で報告・資料を読む
可能性2;「動く」できることから挑戦してみる
そして、可能性3は、「?????」・・・・
その可能性は自分で見つけよ・・・でしょうか?

20121108-191854.jpg

20121108-191908.jpg

その後、ピアサポート活動として、グループ別に講演内容を深めました。

20121108-192054.jpg