伊江島の出会いと「いってらっしゃい」

コメントを残す

いよいよ沖縄からさようならです

コメントを残す

image

1405那覇空港を飛び立ち、1600には大阪伊丹到着

解団式をして、1640にバス出発、1840に学校に無事到着

沖縄のやさしさにふれた民泊

1件のコメント

4時に伊江島出港、本部港から「ちゅらうみ水族館」へ
BBQの夕食で満足し、ホテル2130着

ホテルでの班長会 班長さんが民泊の感想をのべてくれました。

・民泊は初めての試みで緊張したけれど
いいじいさんばあさんでしゃべりやすかった。
安心して民家にとまれた。
・優しくしてもらって感激 サトウキビの収穫作業をした。
・伊江島の人たちとふれあったり☆を見に連れて行ってもらったり
島のよさを感じた。
・普通の民家の生活や文化にふれた。魚釣りや海に入って体験。
・やさしさと居心地のいい時間を過ごせた。半日かけて案内してもらい
とても楽しかった。
・おじいとの出会いがとても楽しくいい思い出が出来た。
・海の色が全然違った。
・ご飯がとてもおいしかった。
・いろんなごはん食べられて感動、たこらいすおいしかった。
・平和学習では、戦争の話が多かったために、気持ちを引き締めていたが
伊江島でも戦争があったけれど、沖縄を感じることが出来た。
・いっしょに生活をしていく中で本当の家族のようになり
「またおいで」と言ってもらったことに感動
おじいおばあと出会えたことに感謝したい。

涙とハグでお別れして帰ってきた民泊
もう一泊したいねっていっていました。