本日、市政記念館で、宮城県名取市の閖上わかば幼稚園の菊池園長先生と共に、「忘れない3.11、つながろう東北と!」の小さな集いが行われました。
集まったのは、舞鶴市内でこれまで様々なかたちで支援活動に携わってきた20名の方々。
集いでは、菊池先生から震災当時から現在までの様子が報告されました。
次いで、参加者からそれぞれの活動の紹介があり、互いに思いを共有することができました。

20130314-000611.jpg

20130314-000638.jpg
最後に菊池園長先生から、今の思いが表現されました。
「幼稚園は被災し犠牲者もでた。私は生き残った。何で私は生きているのか。生きていることの罪を感じている。しかし、自分は生かされている。何とか自分の余力を、病んだ人に届けたい。私たちを継続的に支援してきた人たちのためにも、幼稚園の再建に力を尽くしていきたい・・・。」

明日、同じ思いを生徒たちに語りかける。