東北ボランティア参加の感想2

コメントをどうぞ

「もっとながい目で支援を・・・」

今回はじめて実際にボランティアに参加しました。そこで思ったことは、見た目だけで判断してはならないということでした。

例えば、何もなさそうに見えても土の下には大量のがれきがありました。また、毎日のびのびと過ごしているように見えても、隣に気を使って生活しなければならいとか・・・。

まだまだ不自由なことが多いのだなと思いました。

ボランティアする側が、もう大丈夫だろうと決め付けてしまったら、支援される側の人は何も言えず、困ってしまうと思いました。こちらが決めつけるのではなく、被災された人たちの考えを聞いて行動することが大切だとも思いました。

被災地の復興は、進んでいるようで進んでいない。私たちがもう大丈夫と決め付けるのではなく、ながい目で見ていかなくてはならないと思いました。

コミュニケーションの教職員研修会を行いました

コメントをどうぞ

鳥取大学医学部准教授 高塚 人志 先生をお迎えして、ヒューマン・コミュニケーション講座

「すてきなあなたになるために」~あなたが輝くと生徒も職場も家族も地域も輝く~

(講義・気づきの体験学習)の研修会が行われました。

本校がコミュニケーション授業を開始する発端となった高塚先生の研修会、私達にとってはその原点に返る研修会でもあります。

テーマは「コミュニケーション再考」

◇一方通行のコミュニケーション体験(気づきの体験学習)

◇電話によるコミュニケーション

◇聴く力を高める

◇ふりかえり・わかちあい

などの体験学習を実際に行いました。

特に「聴く力を磨く」では、”聴き手のありよう”として、”うなずく・相槌・共感する・・・”など、体験から出てきた聴き手上手になるための手法が、これからの指導に直結するものと思われます。

高塚先生のエネルギッシュなお話に、私達もしばし緊張しつつも楽しく学ばせていただきました。

高塚先生、ありがとうございました! これからもよろしくお願いいたします。

IMG_1128IMG_1141IMG_1126

 

IMG_1168IMG_1154IMG_1143

 

IMG_1162 IMG_1147

東北ボランティアに参加した生徒達の感想、その1

コメントをどうぞ

wpid-dsc_0376 wpid-dsc_0400 wpid-dsc_0495

gaikan hisai1_2 わかば

一日目にお茶っこ(*)する小学校に向かう途中でニュースでも見たことがある消防署を案内していただきました。今まではニュースで見ているだけだったのであまりリアリティがなかったけど、実際に自分の目で見てみて、津波は本当に起こったんだと改めて実感できて、他人ことで終わらせたらダメだと思いました。お茶っこに行く前にシスターから「何かをしてあげたいと思ってたら、物足りなさを感じるかもしれないけど、来てくれる人が楽しんでくれるようにおもてなしをしたらいいんだよ」と言われました。お茶っこは、がれき拾い等に比べたら、楽かも知れないけど、精神面をケアするためには、必要なことであらゆる方面からの支援が必要だと感じました。そのお話をしてくださったシスターは、日星高校出身の方で、私たちがボランティアに来たことを本当に喜んでくださって、うれしかったです。

二日目のがれき拾いの作業では、見慣れたお皿や子供が遊んでいたであろうミニカーなどが出てきて、津波は大切な思い出までも流してしまうことに悲しくなりました。

(中略)

四日目、閖上(ゆりあげ)の町を案内していただいている時に、菊池園長が声を詰まらせながら卒園児である中学生のお話をしてくださいました。お母さんと一緒に津波が来るギリギリまでイスを運んでいたけど、津波が来てお母さんが振り返るとその中学生のこの姿はなかったという話を聞きました。そんな心優しい子が亡くなってしまったことに心が痛んだし、涙ながらにお話をしてくださる菊池園長にも感謝しないといけないと思いました。本当に実際に行って見てやるので映像を見るだけでは、全く違うと思いました。

 

 

 

 

 

 

特進コースオープンスクール開催

コメントをどうぞ

??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

1 1年生の生徒たちで作った学校紹介 2 コース長奥山先生からのメッセージ  3 英語でコミュニケーション(英語で書かれた情報カードで謎解きをする)

4 国語 スーパーティーチャー森本幹先生による「漢字で感じる」 漢字のイメージから共通する法則性をみつける。

参加した皆さんから、「初めての人とグループになったけれど、コミュニケーションがとれて楽しかった」「森本先生の授業で、言葉や漢字の意味や法則性をみつけることができた。この続きが楽しみ」

といった感想をいただきました。 その後、簡単な昼食のあと、個別懇談をして解散しました。 参加された皆様、ありがとうございました。

中学生や保護者の皆さん、ありがとうございました!

コメントをどうぞ

普通科総合コースと看護科5年課程のオープンスクールが開かれました。

猛暑を思わせる朝にもかかわらず、早くから参加者の方々の列が出来ました。

普通科総合コースでは、

◇課外授業や就職講座の見学

◇インターンシップのまとめの見学

◇小論文講座

◇各クラブ活動の体験

などが行われました。

IMG_0858IMG_0907IMG_0931

IMG_0942IMG_0932IMG_1024

IMG_1072IMG_1066IMG_1028

IMG_1062 IMG_1039

看護科では、

◇看護体験(沐浴、心音・妊婦・老年体験、血圧など)

◇「金曜日5時DVD」

◇ハンドマッサージ

IMG_0877IMG_0898IMG_0994

IMG_0986 IMG_0979 IMG_0968

今回のオープンスクールも、多くの生徒の皆さんや育友会の方々のご協力で終えることが出来ました。

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

明日・明後日はオープンスクールが行われます

コメントをどうぞ

明日は普通科総合コースと看護科5年課程の、明後日は普通科特進コースのオープンスクールが行われます。参加者は、中学生が246名(昨年209)、保護者が86名の予定です。
100名をこえる本校生徒たちが対応します。育友会のワッフル接待もあります。
何よりも、来校してくれる中学生にとって良い体験ができるといいですね・・・、。

20130726-174854.jpg

就職講座に頑張っています

コメントをどうぞ

夏休みに入って、3年生にとってはいよいよ就職戦線開始。求人票を見て、関心のある会社へ訪問をします。校内では、就職講座が行われています。参加者人数は5人ですが、頑張っています。
一般常識の問題集や作文書き、面接練習などをしています。

20130725-160213.jpg

Older Entries