一ヶ月に及ぶ夏休みが終わって今日、二学期の始業式が行われました。
若干気温が下がったとはいえ、昨夜の熱気が残る講堂内、静かにお祈りからはじまりました。

IMG_1615IMG_1601

父と子と精霊のみ名によって、アーメン

慈しみ深い神よ、無事2学期を迎えさせてくださった恵みに 感謝いたします。
この夏、私たちは身近な場所で起こった大きな事故で、
何の落ち度もない人々が亡くなり、多くの方が重い怪我を負われるという
胸が締め付けられるような思いをしました。
亡くなられた方々の永遠の安息をお祈りするとともに、
怪我と戦う方々の一日も早い回復と あなたの励ましを祈ります。
そして私たちが 今生きていることができますように。
今日すべきことを明日に延ばさず、悔いのない日を過ごせますように。
私たちの今日からの学びが、人を助け人を支える自分を育て、
人のために役立つ幸せを求めるものとなりますよう 導いてください。
私たちの主イエス・キリストによって、アーメン。

次に学校長は、「求めよ、さらば与えられん!」の一説をひき、
イチローの4000本ヒットを例に、「夢を達成するために、人の何倍も努力をしましょう!」と呼びかけました。

IMG_1609IMG_1620

その後、夏休み前に行った東北ボランティア支援の活動報告が行われました。

その中で、さらなる継続的支援が必要であることが強調されました。

 

始業式の後、卒業生による「社会人講話」がもたれました。舞鶴市内の4つの事業所から7名の卒業生が来校。後輩たちに自分の経験談を話してくれました。

IMG_1628IMG_1630

【生徒の感想】
◇夢に向かって努力しようと思った。
◇仕事につくのは大変だと思った。
◇本当にやる気が出ない時は、何かご褒美とかを用意したり、まず何でも良いからとりあえずやるということが大切だと思った。
◇あまり将来のことを考えていなかったけど、今日の話を聞いて、今のうちから考えようと思った。
◇クラブをやっていて成長できたといっていたので、これからも野球部で頑張ろうと思いました。
◇社会人は大変だなと思った。
◇私も将来介護の仕事をしたいと思っているので、今日は直接その話を聞けて良かった。
◇高校生活で学んだことが社会人になってもとても役立っていることが分かりました。
◇リアルな感想や話が聞けた。
◇3年生になってから進路を考えていては間に合わないと分かりました。今から進路について頑張ろうと思う。

今日は、久しぶりに生徒たちの笑顔や話し声が校舎内に響き渡りました。
いよいよ明日からは授業開始です。

頑張ろう!!!