学びの共同体研究会の深沢幹彦先生をお迎えして、今年二回目の協働学習の研究会を行いました。

今回は、市内の小・中・高の5名の先生方も参加していただきました。

2年3組の音楽の研究授業、堀之内先生が担当、3月の沖縄学習旅行を見すえ、沖縄の音楽の旋律を生かした

小さなフレーズづくりに挑戦。4人組のグループに分かれ、試行錯誤をしながら作ったフレーズを演奏し合いました。

IMG_6087 IMG_6088

IMG_6096IMG_6081

協働的な学びについて 深沢先生から

1 全ての子どもの学びを保障すること。=学習に参加させる

2 何を教えたかではなく、何を学んだかである

3 学び合う学びができたかどうか

の3点のご指摘をあらためてしていただき初心に、戻り生徒の学びの視点から授業を変えていくことの必要制を感じた研究会となりました。