???????????????????????????????

教皇フランシスコは、「貧しい人々への優先的選択」を掲げられています。カトリック教会は、現代世界に対して自ら告げる福音の信ぴょう性を証しするために、今こそ自ら貧しくなるか否かの選択の時代に来ているからです。
「貧しさ」と福音の関係を考えて、「貧しさ」という概念を「物質的」なものと「精神的」なものに分け、さらにそれぞれ「否定的」なものと「肯定的」なものに分類してみました。
否定的な「物質的貧しさ」とは、人間性を奪うもので、根絶すべき貧困です。
肯定的な「物質的貧しさ」とは、信仰によって敢えて自発的に求めていく「福音的」な「物質的貧しさ」です。
否定的な「精神的貧しさ」とは、人が富に溺れることで、人間としての精神的・霊的価値を持たない状態を言います。
肯定的な「精神的貧しさ」とは、人が神への信頼によって、柔和で謙遜になれる霊的な状態を言います。  (京都司教年頭書簡より)