今年度、2年生の選択授業(情報技術)の授業では、3次元画像やゲームや動画作成に取り組んでおり、2学期はDOGAというソフトで、自分の考えたロボットに1つ1つに動きをつけていき、最後にカメラがどう動けばいい画が撮 れるかなどのカメラワークなどを考えて、自分の考える映像の場面場面に合うように自分が総監督となり、作ったものを動かしていくということを行っておりました。

3学期では、メタセコイアという実際にアニメや映画で使われているソフトを使って、3次元の立体画像を作りました。XYZ軸という慣れない感覚での立体作りは難しかったようですが、画面上では見えていない部分の細部にもこだわって作られた作品が沢山できました。(写真は一部)

Snapshot 16 Snapshot 17 Snapshot 18 Snapshot 19

また、今年度はmoonblockというソフト(サイト)を使い、オリジナルゲーム作品を作ることにも取り組みました。

スマホアプリ作りに用いられるソフトであるため、作品の中ではシューティングゲームが多くなりましたが、生徒それぞれの個性あふれる作品が沢山できました。(写真は4作品のゲーム画面)

Snapshot 6 Snapshot 10 Snapshot 11 Snapshot 12

(A君の作品)

日星高校の選択授業(情報技術)では、このような3D画像やゲーム作り、視覚的効果に関することまで多くのことを学び、将来のゲームプログラマー育成の内容で授業を行っております。