課題図書より

「語りつぐ者」

さ・え・ら書房 パトリシア・ライリー・ギフ 作
もりうち すみこ 訳    定価1,728円(税込)

エリザベスは伯母の家にあった少女の絵にひきつけられる。絵の少女を調べるうちにアメリカ独立戦争当時に生きたズィーとのつながりを知る。18世紀と21世紀の時を超え二人の少女の成長を描く。

物語について
・おばさんの家の壁にかかっていた古びた少女の絵を見たとき、エリザベスはおどろいた。あまりにも、自分とそっくりな目鼻立ちだったから。絵の中の少女、それは、18世紀のアメリカ独立戦争時代に生きた、エリザベスの祖先だった。
・本書は、亡くなった母親の姉にあずけられた少女エリザベスの物語と、18世紀の開拓民の娘ズィーの物語が並行して進みます。読者は、このふたつの物語と、ふたりの少女がどこでどう結びつくのか……と思いながら読み進むでしょう。と、いつの間にか、舞台は独立戦争の真っ只中に置かれてしまう。そして感動の結末が……。
・この本の原題、「StoryTeller」は、主人公の少女エリザベスを指したものですが、作者のパトリシア・ライリー・ギフにぴったりだと思います。

課題図書_2014中_表紙画像