2日目の今日は朝5時前にホテルを出発し、6時前に米川ベースに到着しました。
到着後すぐにベースの説明をうけ、主の祈り・聖歌・震災の祈り、朝食、準備、出発と、考える暇もなく、南三陸のボランテアサポートセンターへと着きました。
image

ここからは、復興の像(木彫りのモアイ)作りと、農業支援(農作地の石拾い) とに分かれて作業

日星の生徒6人のうち5人は農業支援でした。

農業支援は石巻市の波伝谷地区にて震災津波をかぶってしまった田んぼを20センチほど掘り起こし、大石・小石を取り除く作業を行いました。
気温は25,6度、曇り空であったため、作業環境としてはまずまずでしたが、土地が広大であることと、いくら掘っても出てくる石に生徒達は疲れぎみでしたが、思っていたよりも楽だし楽しいと言っていました。
image

image

image

モアイ作業の生徒は、復興のシンボルである木彫りのモアイを電動ヤスリで磨く作業が主でした。

10時から3時まで作業をし、その後、銭湯で入浴し、ベースにて夕飯とベースの人達と今日の作業についての分かち合いをし、最後に日星生徒だけで振り返りを行い、今日の工程を終えました。
image