看護科5年課程3年生は9月3日(水)に舞鶴西消防署救急隊の方から3時間救急法の講習を受けました。
突然身近な人が倒れたとき、命の危険が迫ったとき、どのように対処するか詳しく学べました。
心臓マッサージや人工呼吸の正しいやり方を1人1人が体験しました。
また、この救急法をすることにより生存率が高くなることを知り、看護師を目指す生徒達にとって貴重な体験となりました。