現在、進学コース3年生の情報Cの授業では、ライトペインティングとよばれる、暗闇の中で懐中電灯などの光を利用して空中に文 字や絵を描き、デジタルカメラの「長秒時撮影モード」で撮影して、光の軌跡を1枚の写真として残して、素晴らしいアートを作ることに挑戦しています。

(昨年までは、PIKAPIKAと呼ばれる、同じような手法で、1枚1枚に動きをつけて、パラパラアニメのようなものを作っていましたが、今年は、1枚の写真のクオリティを上げることに専念しました。)

カメラレンズのシャッター開放の30秒という中で、光の軌跡を想像しながら、ライトを動かすのは大変そうでしたが、できあがったものが予想以上に素晴らしい作品となり、難しい中でも楽しそうに作品作りができました。

DSC_0166 DSC_0153

DSC_0161 DSC_0146