今年の人権集会、テーマは「いのち」。
講師は、本校スクールカウンセラーの矢原庸子 先生。
これまでの長年にわたる小学校・中学校での養護教諭としての体験、また先生ご自身の辛い体験を混じえ、生徒たちの心に響く話をしてくださいました。

IMG_0180 IMG_0181

IMG_0194 IMG_0203

IMG_0208 IMG_0216

【生徒の感想】
◇ 先生の講演は、本当に心をいい意味で刺激して下さるものでした。私も最近「生きるってなんだろう」「幸せって何」と思っていましたが、今回で少し分かったような気がします。自分がどんな人間なのかとすごく不安になることが多々ありますが、先生の話を思い出しながら答え探しをしていこうと思います。

◇ 命がどれほど大事なものか学ぶことができました。命は一人に一つしかありません。自分が持っている一つの命を軽い気持ちで失うことがないように、今回の講演が生かせるように生活していきたいです。自分の命もそうですが、近くにいる人の命も大切にしていきたいと思いました。

◇ 自分は誰かに必要とされているのか、存在価値はあるのか、毎日悩んでしんどかったですが、今日ちょうどこの講演をしてくださり「人はここにいるだけで価値がある」という言葉に救われた気がします。もっと自分を大切にしないといけない、元気に今生きていることが幸せなことだとわかりました。悲しいとき苦しいとき、今日話してくださったことを思い出し頑張りたいです。ありがとうございました。

◇ 中学から今でも大変お世話になっている矢原先生のお話がきけて大変嬉しく思います。小さいことでくじけて、これまでずっと頑張ってこれませんでした。でも今日の話を聞いて、もっと強くなってそして自分の命を輝かせられる自分になりたいと思いました。

***

私たちも素晴らしい時間を共有させていただきました。

ありがとうございました!