12月13日(土)大阪市南港 アジアトレードセンター(ATC)にある海辺のステージで行われた高校軽音楽クラブ東日本復興支援チャリティコンサート Sing for the Future Vol.17に参加・出演しました。

DSC00669 DSC00686 DSC00697

参加したのは、2年生のパンクロックバンド”P.rima”と、夏のナキワラ京都大会で京都府大表に選ばれた”とまと”の2組。

P.rimaととまとのメンバーの一部の生徒は、昨年度も参加や見学に来ていて、1年越しの思いをぶつけるために、この舞台に立ちました。

日星高校は出場20校のうち10番目で、16:40からの演奏出番でした。

最初は、”P.rima”。
ライブハウスなどで鍛えられたパフォーマンス力と激しい演奏により、会場を大いに盛りあげ、多くの拍手をもらっていました。

MAQ00673.MP4_snapshot_02.06_[2014.12.17_01.03.31]

次に出場したのは”とまと”。
ナキワラ京都大会とは違ったボーカロイドの曲を歌い上げ、2名のダンサーがかわいらしい踊りで演奏に花を添えました。会場に来ていたお客さんが一緒に踊ってくれたりと、P.rimaとは違った形で会場を大いに沸かせました。

MAQ00675.MP4_snapshot_03.37_[2014.12.17_01.12.19]

今回参加したSing for the Futureはコンサート形式の集客によって、募金活動を行い、まだまだ復興していない東日本にエールを送り、支援していくという取り組みです。日星高校の生徒会が行っている東北復興に通ずるものがあり、軽音楽部として、音楽という立場からも支援をすることができたと思いました。

日星高校軽音楽部では、こういった取り組みに精力的に参加して行きたいと思っておりますので、応援よろしくお願いします。