榛葉 健さんの写真
榛葉 健(映画「うたごころ」で被災地の高校生を描いた監督です)
彼のfacebookからの転載です。
【同じいのちがそこにある】
画像は、ネパール大地震で未曽有の被害が出ているカトマンズの南隣の旧都パタン。手前の建物は、映画「with…若き女性美術作家の生涯」の舞台で、スラムの肥大化に伴って校舎を増築した際の工事でサポートさせて頂いた、福祉小学校の校舎です(2003年撮影)。その奥には狭い敷地に建て増しを繰り返す家屋がぎっしりとあります。一般家屋は、骨組みの弱いまま、上へ上へとレンガを積み上げて増築する手法で、耐震構造など全くない状態の建屋が多いです。現在、判明した犠牲者は4400人、被災者は800万人とのこと。通信手段もままならない場所も多いですから、被害の拡大が懸念されます。ネパールで何度も取材してきた身として、自分も含めた日本のメディアに、ぜひこの機会に意識しておきたいことを僭越ながら書かせて頂きます。
大災害が起きた時、日本の各メディアは、欧米先進国の被害であれば大きくニュースに取り上げ、アジアやアフリカの災害は、扱いを小さくする傾向があることをこれまで何度も繰り返してきました。
近くに特派員がいるかいないかなど色々な背景はありますが、扱いの差は結果として、途上国の災害被災者への救援活動や募金などの関心の高まりを小さくしてしまうことにもつながりかねない、「無意識下の差別感情」だと感じてきました。
かつて10万人が犠牲になったインド洋大津波の時、ある全国ネットの放送局の初動のニュースは、「その他ニュース」の扱い、30秒でした。
アジアも、先進国の人々も、そこに生きる人の命の重さは変わりません。経済的なつながりの大きさだけではない、「命の視点」でニュースを作る姿勢を、今こそ発揮すべき時だと考えます。
そして、メディアからの情報を受け取る側の日本中の人たちもまた、「地震の痛みを知る一人一人」として、それぞれにできることをしていきたいものです。
共にできることを、していきましょう!

(2015年4月27日)
明日5月1日は、阪神淡路大震災の年から20年間、神戸市長田区にある鷹取教会で被災者と共にあり町の復興のために歩んでこられた神田神父さんの講話とミサがあります。(9時より)