高校総体 開会式 紀伊水害復興の舞 感謝込め

コメントを残す

インターハイ開幕 皇太子さま迎え開会式

    (わかやま新報 デジタル版 7月28日号より)
 

 和歌山を幹事県に近畿2府4県で繰り広げられる、高校生スポーツの夏の祭典「平成27年度全国高校総合体育大会」(インターハイ)が28日、開幕した。皇太子さまを迎え、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで総合開会式が行われ、47都道府県の選手団が堂々と入場した。

開会式では高校生や一般観覧者をはじめ4500人以上が集まる中、北から南へ順に各都道府県の選手団が行進。競技が実施される近畿各府県の選手団は最後に列をつくり、県選手団(団長=宮本和幸県高校体育連盟会長)約40人は紺色のポロシャツを着て最後尾で登場。観覧者に手を振るなどし、笑顔を見せた。

全選手が入場すると、宮本団長による開会宣言の後、国旗掲揚、優勝杯返還などの式典行事があり、丹羽秀樹文部科学副大臣が祝辞を寄せた。全国高体連の小野力会長は「明日の日本スポーツ界を担うという高い志を持ち、日々精進を続ける皆さんには、必ずや夢への道は開ける。今こそ、やる時だ」と激励し、仁坂吉伸知事、尾花正啓和歌山市長、県高校生活動推進委員会委員長の梶田太陽さん(橋本3年)が歓迎の言葉を述べた。

皇太子さまは、力強い行進を見せた選手らに「全国高校総体が、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』に代表される豊かな歴史・文化と美しい自然に恵まれたここ和歌山県、そして滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県で開催されることを喜ばしく思います。日頃鍛えた力と技を十分に発揮するとともに、お互いに友情を育み、地元の方々とも交流を深めて、高校生活の素晴らしい思い出をつくってください」と祝福と励ましの言葉を寄せられた。

その後、選手を代表して、ヨット競技に出場する桑原洋樹君(星林3年)と陸上競技に出場する酒井梨々華さん(紀央館3年)の2人が「都道府県の代表としての誇りを胸に、多くの人に感動と元気を届けられるよう正々堂々と全力で競技することを誓います」と宣誓した。

また、「絆・バトン」をテーマとした県内9高校による、和太鼓や琴、少林寺拳法といった歓迎演技も行われた。

インターハイは8月20日まで、「風になれ 今青春が 走りだす」をスローガンに全30競技が繰り広げられる。県内では陸上(29日~8月2日、紀三井寺公園陸上競技場)、剣道(3~6日、和歌山ビッグホエール)、ヨット(12~16日、和歌山セーリングセンター)の3競技が行われる。

行進の最後を飾る和歌山の選手団

 

 

 

復興を象徴するピラミッドをつくる田辺工高の生徒たち(28日午前、和歌山市で)=原田拓未撮影

  • 復興を象徴するピラミッドをつくる田辺工高の生徒たち(28日午前、和歌山市で)=原田拓未撮影

 田辺工50人被災地を表現

 和歌山市の和歌山ビッグホエールで28日に行われた全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)の総合開会式では、和歌山県立田辺工高(田辺市)の生徒たちが、組み体操の歓迎演技を披露した。テーマは2011年の紀伊水害からの復興。支え合い、困難を乗り越えてきた被災地の姿を表現した。

 同年9月の台風12号による豪雨で、同県や奈良県などでは大規模な土砂災害が発生。全国の死者・行方不明者は98人に上り、このうち和歌山県では61人に達した。田辺市でも9人が死亡、行方不明となり、同校には親族を亡くした生徒もいる。

 「歓迎演技のクライマックスを、ぜひ田辺工高の体操部にお願いしたい」。県教委から依頼があったのは今春だった。体操、弓道両部員でメンバーを組んで考えたテーマは、「全国から受けた支援への感謝」。生徒たちは春から週4日、放課後に練習を重ねてきた。

 皇太子さまも出席された総合開会式では、入場行進などの後、ダンスや和太鼓演奏などの歓迎演技が行われ、同校の約50人による演舞が最後を締めた。

 横一列に並んだ生徒たちが腕を組んで波立たせた。激しい濁流だ。家屋を表す組み体操のピラミッドをのみこんでいく。住宅、農地、そして命……。水害は古里から多くの大切なものを奪った。

 演技の最終盤。生徒たちが、さらに大きなピラミッドをつくり、復興を目指す人々の力強さを表現した。指導した体操部長の奥村雅之(まさのぶ)教諭(44)は「水害では全国から駆けつけた数え切れないボランティアが勇気、希望を与えてくれた。地域が立ち上がってきた姿を見せたいと思った」と語る。

 体操部3年で主将の森山侑哉さん(17)は「水害でも震災でも人々は助け合い復興を果たしてきた。苦しむ人、悲しむ人がそばにいれば、そっと手を差し伸べられる大人になりたい」と話した。

(朝日新聞デジタルより)

東北ボランティア 活動最終日、要領も分かり充実

コメントを残す

はじまってみれば早いものです。今日が活動最終日。

活動内容としては、昨日と同様、農業や漁業支援。

image image image

 

三日目ともなると要領も分かり、楽しみながら活動ができました。

どの支援も一人の出来たことはほんのわずか。

でも、特に個人でやっている農業や漁業を担っている方にとっては、

「とても力になりなりました・・・」

&&&&&

今回参加した生徒たちにとっては、意義のある活動ができたと思いますが、素敵な出会いもあったようです。

広島学院高校の皆さん、いろいろありがとう!

image