9月20日(日)、京都放送会館KBSホールで行われた第38回NLAナキワラ2014京都府ライブに軽音楽部の「とまと」「P.rima」「Chocolat」「PROGRESS」の4バンドが出場し、「とまと」の一員でもある平岡さんが主張部門でも出場しました。

13時開始のオープニングのMCと共に、1年生2人組バンドの「PROGRESS」
これまで、お祭りなどでの出演経験は一切無く、このナキワラが校外デビューとなりました。
緊張してはいましたが、これまで暖めていた練習の成果を存分に発揮し、オープニングとしてふさわしい演奏をしました。

DSC03011

2番目は、1年生ガールズバンド「Chocolat」
舞鶴の夏祭りなどとは比べものにならないくらいの大きな会場でしたが、1年生とは思えないくらいの上手な演奏で、お客さんから手拍子をもらったりして、会場を盛り上げました。

DSC03021

以上の2バンドはアトラクション部門という京都府ライブを盛りあげる部門で、近畿や全国ライブへの予選とは関係のない部門での演奏でした。

このあと、主張部門で3年生の平岡さんが、両親の家庭の問題のことを熱く語り、会場を涙涙としました。(主張部門)

日星高校3番目は、3年生男女混合バンド「P.rima」(音楽部門)

DSC03022
NHKのアニメ「境界のRINNE」の主題歌でもあった「桜花爛漫」という曲で、会場の盛り上がりをMAXまで上げ、MCとオリジナル曲でバンドというものの本質をみせつけました。

DSC03026 DSC03031 DSC03035 DSC03037

4番目は、3年生ガールズバンドの「とまと」(パフォーマンス部門)

DSC03046
3年連続で参加していて、バンド演奏にダンスというパフォーマンスで、youtubeやにこにこ動画などで有名な曲を2曲かわいらしくも激しいダンスで踊り、歌い上げました。

DSC03051 DSC03049 DSC03055 DSC03059

京都府ライブは近畿大会・全国大会への予選を兼ねており、音楽部門「P.rima」、主張部門「平岡美夏」、パフォーマンス部門「とまと」の結果は後日発表になります。

DSC03067